RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
フットボールを題材にした映画(その2)
0
    【シーズンチケット(原題:Purely Belter)】
    監督:マーク・ハーマン

    この作品は映画館で観ました。映画館といっても100人キャパぐらいのミニシアターでしたけどね。当時はかなり楽しみにしていた作品です。アラン・シアラーもカメオ出演していましたから。

    フットボールサポーターならば一度は観て欲しい作品です。如何に我々がまだまだフットボール文化的に未成熟であるかが実感出来ます。またスタンドに立つのが比較的容易な環境を有り難く思うのと同時に、それがスタンドでの期待や緊張感を乏しくしているのかなとも感じました。

    テーマは労働者階級(の子供)とフットボール。貧乏人からフットボールのスタンド観戦を奪い取った事を痛烈に風刺していると思います。

    この作品が発表された2000年当時はイングランドではフットボールバブル真っ盛り。80年代のフーリガン問題対応やヒルズボロの悲劇で、当時のファーストディヴィジョンのクラブを中心にテラス(立ち見席)の廃止を余儀なくなされ、結果的に最安値でも5000円はする完全座席指定が設定されクラブの収入を飛躍的に向上させました。またプレミアリーグの創設によってBスカイBからの潤沢な放送権料、ボスマン裁定以降の選手のグローバル化などでリーグが一気に活性化され名実ともに世界一のリーグとなりましたが、同時に貧乏人をスタジアムから引き離したのです。

    そんな貧乏な労働者階級の子供がこの作品の主人公なのですが、まあ救いようのない悪ガキです。しかしニューカッスルへ強い愛情、そして幸せな家庭への憧れ(DVを受けたりしている)から、それらを満たすための手段として、サポーターとしては最大級のサポートである「シーズンチケット」を手に入れる事を決意します。ただ貧乏人のガキに当時のレートで10万円近いシーズンチケットなんぞ買える訳がなく、その為にありとあらゆる方法で金を貯めようとします。

    また隣町の宿敵サンダーランドとのライバル関係を熱烈に紹介してくれています。笑ったのはサンダーランドのホームグラウンド「スタジアム・オブ・ライト」でのシーンで、対戦相手はリバプールなのにチャントが「敵はニューカッスル!」。やられました(笑)。正にタインウエア。サンダーランドサポーター最高です。ダービーに対する憧れを持ちますよ。少なくとも今の日本では体験出来ない。

    フーリガンを賛美する事は出来ませんが、ライバルクラブとのつばぜり合いの主役はテラス席で応援歌やチャントを歌い上げマフラーを掲げていた多くの労働者階級のサポーターだと思います。しかしもうプレミアリーグやチャンピオンシップのクラブではテラスが復活する事は無いでしょう。映画のテーマから外れますがせめてゴール裏ぐらいは安価な設定を設けて競争率が高くても努力すれば何とかチケットを確保出来る状況があって然るべきだとこの映画を観て思いました。

    年に1回で良い。好きなクラブのゲームをスタンドで観て欲しい。私は現在、家族での参戦を絶対条件にしています。主人公が語る「スタンドで砂糖2つにミルクたっぷりの紅茶」みたいな事を、もし息子や娘が私との思い出として語ってくれたらもう何もいう事はないです。サポーターやってて良かったと実感出来るでしょう。

    まあいつの日か子供は一緒に来てくれなくなるでしょうし、もしかしたら柏のサポーターになる可能性もありますけどね(笑)。
    | 映画・ドラマ・本 | 08:11 | comments(0) | - | - | - |
    フットボールを題材にした映画(その1)
    0

      007002000513_ed.jpg
      お暇ならお付き合い下さい。イングランドではフットボールを題材にした映画が多数発表されていますが、中でも私が好きな作品を何回かに渡って紹介させて下さい。

      【ドリームゴール(原題:When Saturday Comes)】
      監督:マリア・ギース
      主演:ショーン・ビーン

      90年代半ばの作品で日本では劇場未公開です。発表当時はセルやレンタルビデオがあったそうですがDVD化はされていませんので、現在は日本語字幕版は観賞困難かも知れません。内容は先日のフットボールサポーターのミュージシャンリポートでも少し触れましたが、シェフィールドを舞台にしたスポ根映画で、ストーリー的には特筆すべき点が少なく日本国内では3流映画扱いかも知れません。雑誌の特集で作品を知ったのですが、その時既にレンタルでは見つける事は出来ませんでした。

      しかしこの作品を地上波で放送した局がありました。我らがKBS京都です。素晴らしい(笑)。念願の観賞となりましたがストーリーはともかくとして、この作品の扱いからは想像出来ない程に舞台設定やテーマがなかなか深いモノでした。

      まずブレイズが愛称のシェフィールド・ユナイテッドやノンリーグのハラムFCなど実在するフットボールクラブが登場します。また本場の労働者階級の人々が分かりやすく描かれていると思います。リアルかどうかは別にして言葉使い、職業、友人、パブ、ベッティング、そしてフットボールとの関わりが見てとれます。

      そしてこの作品の軸となるテーマは「プロフットボーラーと飲酒」です。

      当時のイングランドではプロフットボーラーの飲酒は根深い問題で、これまで多くの関係者が指摘していました。この作品発表当時もイングランド代表キャプテンも務めたアーセナルのトニーアダムスも自伝にて自らのアルコール中毒についてカミングアウトしていますし、サーアレックスファーガソンもユナイテッド着任当初に有力選手の飲酒問題にぶち当たった事を自伝に書いています。

      3流映画のテーマにしちゃなかなかやると思いません?飲酒がフットボーラーとしてのキャリアには「百害あって一利なし」なのを単純なストーリーの中で見事に表現しています。それにしても夢にまで見たブレイズのセレクションの前日に、悪友の誘いを断れずにガンガン飲酒してストリッパーをお持ち帰りして、翌日二日酔いで遅刻するなんてアル中を越えて単なるアホです(笑)。

      後、劇中はブレイズの事を一貫してみんな「ユナイテッド」と呼んでますね。シェフィールドに限らずユナイテッドと名があるチームの地元では愛称より多く使われているケースもあるようです。マンチェスターユナイテッドだけがユナイテッドじゃないと言わんばかりにね。それとショーンビーン主演だからかオウルズ(シェフィールド・ウェンズディ)は一切登場しません。出したくもないんでしょうね(笑)。その気持ちよく分かります。

      書き出すとキリがないのでこの辺りにしておきますが、もしご興味のある方は、日本語字幕版をDVDにしたものをお貸ししますのでお声がけ下さい。フットボールサポーターなら一度は観て損はない作品ですから。

      実はサンガ応援バスの車内でビデオを流した事がありますのでご覧になったサポーターもいる筈です。その時の周りの感想は不評でしたね(笑)

      | 映画・ドラマ・本 | 20:35 | comments(0) | - | - | - |
      山崎豊子「大地の子」
      0
        mainvisual_200907_ed.jpg
        日曜日21時に放送されていた山崎豊子さん原作ドラマ「運命の人」が最終回でした。いつも山崎先生のドラマをみると「大地の子」を思いだします。そして作品に対する想いを書きたくなりました。

        山崎作品はドラマや映画はまあまあ観ているほうですが、実は原作を一度も読んだ事がありません(笑)。よってドラマ版について語らせて貰います。

        皆さんご存知の通り、山崎作品は軸になる設定がノンフィクションに近いものが多く、ドラマ化された作品の多くで高視聴率を稼ぎだしていました。近年はドラマ化するテレビ局側も周年事業の目玉として制作する事が多くかなりお金を掛けてきました。

        しかし最近は高視聴率が稼げず、「運命の人」もお世辞にも成功だったとは言えません。どうも「華麗なる一族」以降その傾向にあるようです。ネタが堅く重いテーマが多いからか、ドラマに関心の高いティーン層や主婦層の視聴が弱いのかも知れませんね。

        さてタイトルの「大地の子」は90年代半ば頃に放送されてました。その後何度もリピートされていることからも、山崎作品のドラマの中でも人気が高いと思います。この作品は大東亜戦争後の中国残留孤児問題や文化大革命などの事実を基に書き上げたフィクションのようですが、もはや実話かどうかなんて大した問題ではない。私の数少ない大好きなドラマの1つです。

        また中国残留孤児が主人公でかつ日中合作だった事もあり、作中の舞台の大半は中国大陸でありセリフも中国語が多いのが印象的です。上川達也はこのドラマを撮るまで全く中国語をしゃべれなかったそうですが、中国語を知らない私ですら何となくネイティブっぽく感じたのは決して間違いではないようで、相当いい線いってるらしいです。そして本気で大地の子である中国人「陸一心」になりきっています。素晴らしい演技でした。

        このドラマが素晴らしいのは、日本人や中国人とか関係なく愛情の尊さを切実に訴えているところ。また陸一心には日本人である事への偏見だけでなく、物語中盤では不条理で片付けなれない革命とは名ばかりの人民弾圧「文化大革命」が襲いかかってくるので、人への愛情、人との絆が尊さが強く印象付けられているのが良いです。

        そしてやはり反戦作品なのでしょう。単なる反戦作品は嫌いですがこの作品は別格です。また文革への批判も強く感じます。我々日本人は兎角、中国人の国民性を非難しがちですが、この作品では中国人も大東亜戦争後の動乱や文革で深い傷を負った被害者だという事を感じずにはいられません。

        作中のシーンでは八路軍の検問と妹との再開〜死別ところでソファーに横たわりながら泣いてしまいましたね。特に検問シーンでは一心の養父「陸徳志」を演じたチュウ・シュイ(朱旭)が最高の演技をみせてくれています。この作品は本当に配役が良い。

        不満を言えば文革での粛清シーンではあんなもんじゃ無かっただろうと思うのと、日中協働事業の製鉄所建設関連のシーンではもっと日中間でガチガチにして欲しかったですね。テレビドラマゆえに中国側への配慮があったようです。

        最後にこの作品はDVDはセルオンリーでレンタルではビデオしかおいてません。それも探すのが大変です。ただNHKオンデマンドでは有料配信しているので、ご覧になられてない方は是非観て下さい。

        私も4度目の視聴にチャレンジして大泣きしたいと思います(笑)。
        | 映画・ドラマ・本 | 19:47 | comments(0) | - | - | - |
        K・ローチ「エリックを探して」
        0
          T0009463p.jpg
          今年になって観た映画第2弾です。この作品はフットボールと深い関わりがあります。なんと私が心酔するユナイテッドレジェンドのエリック・カントナが製作に関わり、さらに出演までしています。ちなみカントナの映画デビューは「エリザベス」。ハッキリ言って脇役でした。しかし今回は準主役級でドラマの進行で重要な役割を担ってます。

          作品内容は基本的にはヒューマンドラマです。フットボール自体がテーマではありません。堕落した主人公エリックとその家族、職場仲間との愛情や友情がコミカルタッチながらもうまく描かれており、心に染みる良い作品です。

          カントナは主人公にしか見えない「心の友」的に登場します。主人公と同名で自室に等身大ポスターを掲げるほどに大ファンだったカントナが突如現れ、フットボールでの経験を基に主人公を導いていきます。そのやりとりがこの映画で一番印象深いところです。親兄弟や上司、また専門の悩みカウンセラーとかでは無く、あのKINGカントナです(笑)。世間的には決してお行儀良い人ではなかったカントナですが、彼の信奉者である主人公を堕落から解放していく。そして家族や仲間とのエンゲージメントを実感していく。ちなみに仲間達もユナイテッドのサポーター仲間です。

          私にとって敬愛出来る選手がうちにいるのかをふと考えたら、正直思い浮かびませんでした(笑)。殆どの選手が年下だからですかね。しいて挙げれば平井ちゃんですが、逆に私が説教してしまうかも知れません(大笑)。でも平井ちゃんはずっと一緒に闘った仲間です。嬉しい事も悲しい事も長年共有出来たのは、私のサポーターとしての財産の1つです。そして昇格を逃した2004年の最終節後にチームへの残留を選手達に懇願していた我々に、ただ1人サムアップで応えてくれたのが平井ちゃん。彼は正真正銘サンガレジェンドです。

          話が逸れましたがこの映画はフットボールサポーターならば必見です。私も初めはカントナへの興味だけでしたが、そのカントナのリアルな経験をこの作品通じて知る事が出来て、フットボールの持つ力を改めて実感しました。さらにKINGカントナが好きになりました。そしてサンガにもカントナのように引退してもファンから敬愛され続ける選手が現れる事を切に願ってます。
          | 映画・ドラマ・本 | 14:13 | comments(0) | - | - | - |
          S・キューブリック×A ・C・クラーク「2001年宇宙の旅」
          0
            img_679618_29655154_0.jpg
            前回予告した通りSFネタです。

            といってもこの不朽の名作を、私ごときが今さら何を語るのかと言われればそれまでです。しかしこの作品ってタイトルこそ知ってるが、40歳以下の人って実は殆どの人がちゃんと観てないのではないでしょうか?

            今はブルーレイでもレンタルしているので是非観て欲しい作品です。

            そもそもこの映画の初公開は1968年。私なんか生まれてもいない。またアポロ11号が月面着陸もしていない。子供の頃にテレビで観た記憶があるがその時は面白いとは思わなかったでしょうし、実際タイトル以外は全く覚えてませんでした。でも成人になってから改めて鑑賞して、とても数十年前の映画とは思えないくらいに全てにおいてクオリティの高い事に驚き、気がつけば何回も観てました。さらにはクラークの小説までシリーズで読破していました。

            この作品では異星の知的生命体と人類とのコンタクトが描かれていますが、その生命体らしきものがいわゆるモノリスってやつです。見た感じは単なる黒い鉄板です。子供にとってはなんじゃこりゃ?です。しかしあの無機質感ととてつもない存在感は、映像の素晴らしさがもたらしたものだと思います。そしてクラークとキューブリックがこのテーマに対して出した答えがこれなのでしょう。確か「ステレオタイプな宇宙人にはしたくなかった」と当時のキューブリックが言ってたらしいですが、見たことのない宇宙人を人間の持つ想像力で描いたら、どうしても実在するものの枠を越えたものを創造するのは困難らしく、その結果が例えばタコのような火星人とかになるようです。しかし相当に悩んだ結果として生き物形態にこだわらず知的生命体を物理的に示したのがモノリス。そして猿人の目の前に突如現れる、月で発掘がされる、木星探査でのボーマン船長の体験と、人類の進化に合わせてコンタクトしていくという見事な表現になったのでしょう。

            しかしそういった知的生命体との関係や人類の進化といった哲学的内容からか非常に難解な作品と言われています。作品中で余計なセリフや字幕での説明を殆ど排除した結果だとも言われていますが、私はそれがこの作品の神秘性を高め、また入念な科学考証を行って作成された映像や音響効果、BGMのクラシック音楽がこれ以上ない効果を生み出し、不朽の名作に仕立てあげたのだと思っています。殆どのSFモノは宇宙空間で有り得ない爆発音とかありますが、この映画ではBGMと無線の音以外は無音です。そういった音響効果だけでも凄い緊張感を醸し出しています。余談ですが試写の段階では字幕などでも説明を入れていたそうですが、キューブリックの判断でとっばらったそうです。その判断に間違いはなかったですね。

            最後にこの映画が難解で結末が良く解らなくても、それはそれで良いと思います。エヴァンゲリオンもそうですが、謎解きをしたければオーディエンスが各々で語り合う事がその作品の結末になると思います。この作品は小説を読んだ事で容易に理解出来ましたが、映画だけでも十分に楽しめます。ちなみに続編の「2010年」は映画としての総合評価は2001年には及びませんが、小説同様に結末がハッキリしていますので、合わせて観るにはオススメかも知れません。
            | 映画・ドラマ・本 | 16:40 | comments(0) | - | - | - |
            子供映画とバカに出来ないよ。
            0


              サンガやフットボールネタから離れて映画ネタを書かせて下さい。

              映画ネタの一発目はディズニー・ピクサー製作の「カーズ」と「カーズ2」。今年になって観た作品なのですが、映画と言うかCGアニメです。しかしこれがなかなかエエんですね。

              天皇杯ファイナル翌日に息子を連れてデパートのオモチャ売場に行った時に、店頭で流されていたプロモーションビデオに私自身が惹かれてしまいました。私は勿論、息子も興味を示さなかったコンテンツだったので改めて映像の持つ説得力を実感しました。

              ストーリー自体は基本子供向けという事で2作品とも「仲間」や「友情」をテーマにした特別面白いものではありませんが、擬人化されたカーズの描写が大変素晴らしく、特にレースシーンは何度も見てしまいました。私のようなモータースポーツファンのマニアックな視点にもかなり配慮した上で、子供の観賞にも堪えうる内容に仕上げているのは本当に見事。

              圧巻はカーズ2での日本グランプリ。舞台設定こそ日本だが映像はまさにシンガポールグランプリのナイトレース。第1コーナーの進入シーンと複合コーナーでのカーズの挙動はフォーミュラ1そのもの。後、ダートセクションでのドリフトなんてまるでWRC。しかしカーズの多くはGTカーやスポーツプロトタイプ。カテゴリーごちゃ混ぜの中にも、リアルなレースシーンに負けない臨場感を醸し出せています。

              擬人化の象徴とも言えるカーズの目は、まるで本物のレーサーのごとく周りを意識した動きなのにも注目。日本グランプリの1コーナーもそうだし、カーズ1でのハドソンホーネットがテールスライドしながら逆ハンドル切って流れる場面なんかは雰囲気あります。

              そもそもアメリカ映画ゆえにカーズ1の舞台はNASCARをモチーフにしたアメリカンスタイルのオーバルコース。また物語の軸とも言えるラジエタースプリングスという架空の町が、かつてアメリカ横断の主要幹線道路であったルート66沿いという設定は、いかにもアメリカらしさ満点。対してカーズ2では日本とヨーロッパが舞台で、ロードコースでのワールドグランプリとヨーロピアンな展開になっている点や、エンディングソングに日本のテクノアイドル「パヒューム」を起用してる事など、グローバルマーケティング的な観点からも非常に興味深い。

              他にも見所は沢山ありますが、語りだすとマニアックになるだけなのでやめておきますが、車が好きな方は2作品ともオススメです。

              最後に2作品通じてSFの名作からのオマージュと思われる場面があるのも付け加えておきます。特に日本でのシーンはリドリースコットやウィリアムズギブスンの世界を彷彿させるとは言い過ぎかな(笑)。

              何を隠そう私はSFにかなりハマった時期があります。次はSFをネタに書きたいと思います。
              | 映画・ドラマ・本 | 19:21 | comments(0) | - | - | - |