RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
仮面ライダー・コンプリートその2 「555(ファイズ)」
0
    写真.jpg
    第二回目は仮面ライダー555(ファイズ)。平成ライダーシリーズの第4作目になります。

    映画「昭和ライダー対平成ライダー」に出演していたファイズで乾巧役の半田健人さんは、オールドスクールな「長髪イケメン」です。この映画ではとにかく苦悩するちょっぴり2枚目半を演じてました。またたまたま居合わせたXライダー・速水亮さんに仕掛けられあっさり負け。イケメンが勿体ないくらいにカッコ良くなかったんです。

    テレビシリーズがどんな内容だったのか?カブトと並行して視聴したのですが、想像以上にかなり重い作品でした。テーマは人間と怪人(オルフェノク)の共存。

    まず全体を通した印象としてはライダー自体が正義の味方らしさに乏しく、敵である人類の進化形態「オルフェノク」の方にかなりスポットを当てた極めて異例な作品。当時のチビッ子からしたら敵味方が少々解り難かったでしょう。

    そしてファイズの乾巧はレギュラーシリーズでも決してカッコ良くなく、戦闘能力もさほど高くもなく、挙げ句は自身もオルフェノクだったなんてオチになってます。

    登場するライダーは全部で3体。もう一人の仮面ライダー「カイザ」の草加雅人(村上幸平さん)はプチ松村雄基さんて感じでとても面倒臭い奴だし、「デルタ」の三原修二にいたっては完全に脇役。とにかくライダーになるキャラクターがイケメンなだけであまり格好良くない。

    ガジェットは外付け可能な変身ベルトでガラケーを装着して変身するのですが、ちょっぴり時間がかかったりして装着している間にやられそうな感じがかなりダサくて妻と笑ってしまいました(笑)。

    しかし変身形態であるファイズは昆虫などのモチーフのない完全メカニックライダーでなかなかカッコ良い。偶然なのか映画で闘ったXライダーと同じですね。また夜間は画像のように工事現場の警備員の如く赤いラインが点灯するのが良い感じです。

    私が一番好きなエピソードは元クラシックギタリストのオルフェノク・海堂直也(唐橋充さん)が、事故で断たれたギタリストとしての夢を忘れるために最後にギターを弾くシーン。全編通して奇人なキャラクターである海堂のもっともカッコ良かったシーンだったと思います。

    余談ですがこの作品の終盤は私の家の近所にある「首都圏外郭放水路」にてロケをしています。映像でもわかるように確かに特撮モノにもってこいな幻想的な空間なので、埼玉東部にこられた際には是非行ってみて下さい。

    最後に女優陣について。ラッキークローバー・ロブスターオルフェノクで影山冴子役の和香さんが少しエロくてエエ感じなだけで、後は正直微妙です。ただヒロイン園田真理役の芳賀優里亜さんは好きなタイプではありませんが、当時16歳だった割にはなかなかの演技力だったと思います。さすがに超難関のオーディションで選ばれるだけの事はあります。

    次は「W」をリポート予定です。
    | 仮面ライダー・特撮ヒーロー | 20:08 | comments(0) | - | - | - |
    仮面ライダー・コンプリートその1 「カブト」
    0
      写真.jpg
      今春からドップリはまっている仮面ライダーシリーズ。現在放映中の平成シリーズ15作目の「仮面ライダー鎧武(ガイム)」を子供と一緒に毎週楽しみにしながらも、時間を見つけては旧作をレンタルして超集中的に視聴しちょります。

      第一回目は一番最初にコンプリートした「仮面ライダーカブト」。平成ライダーシリーズの第7作目です。お暇ならばお付き合い下さい。

      何故にカブトなのかは、息子に買ったライダーベルトの中にカブトがあり、「カブト観たい!」と言ったのでレンタルしたのが始まりです。

      初めに言っときますが、仮面ライダーを楽しむのにリアリティとかSF考証は必要ありません。前にリポートで立派なSFとは言ったことがありますが、それ以上に特撮ヒーローという確立されたジャンルの作品です。それを前提に語らせていただきます。

      まず本作で特筆すべきは「クロックアップ」と呼ばれる超高速移動能力の演出でしょう。映像としては動体スピードを高めるのではなく、周りがストップした(というより超スローモーション)状態の中をライダーと敵が通常スピードで戦うのですが、とにかく新鮮でカッコ良い。一時子供とクロックアップごっこやりましたよ。ちなみにストップするのは私です(笑)。

      テーマは地球外生命体(ワーム)の侵略阻止ですね。もちろん友情や愛情はしっかり表現。そして子供達が楽しめる特撮ヒーローモノとしての基本は担保しながら、大人の視聴にも堪えうるWWE+ソープオペラ的アプローチは本作だけでなく平成ライダーシリーズ共通の特徴なのでしょう。少なくとも幼稚園児であるうちの息子に本作のストーリーを理解させる事は困難だと思います(笑)。

      ライダーではやはりカブトがカッコエエです。また終盤に登場するホッパー兄弟もなかなかのもんです。バッタがモチーフなのですが、どことなくアマゾンぽくてカッコエエんですよ。ちなみにうちの家では息子はカブト役で私は何故か仮面ライダーザビー役(あんまり良いキャラではない)です。

      俳優については、文句なく主人公であるカブト役の水嶋ヒロさんがエエです。俳優としての存在感もずば抜けて高く、オダギリジョーさん同様に著名な人気俳優になられたのも納得出来ます。イケメン度で言えば仮面ライダードレイク役の加藤和樹さんでしょうかね?ただファン投票したら仮面ライダーガタック役の佐藤裕基さんが一番人気でしょう。彼からは仮面ライダーを楽しみながら本気で演じているのを強く感じました。

      ヒロインなど女優陣ではレギュラーの3人からは正直あまり感じなかったですね。全エピソード通じて印象的だった女優はウカワーム(間宮麗奈)役の三輪ひとみさん。彼女は常からホラーが得意な女優さんらしく、本作でもワーム体以外は常時喪服姿で表情も無茶苦茶怖いのですが、ワーム擬態前の声楽家・間宮麗奈役を演じたエピソードでは、ホラーな彼女のイメージを十分払拭した魅力ある演技でした。色男のドレイクが本気で惚れたのは納得出来ます(笑)。

      ガジェット(道具)は私には正直にいまいちです。ライダーベルトも重々しいし、ゼクターと呼ばれる虫型の変身アイテムもどうも苦手。ただ発信音声はかなりカッコエエです。変身とキャストオフ音声は息子も自分のベルトで良く鳴らしてます。

      作品の全体評価は平成シリーズ15作目をコンプリートした時にまとめてしようと思います。次は「仮面ライダー555(ファイズ)」をリポート予定です。
      | 仮面ライダー・特撮ヒーロー | 19:36 | comments(0) | - | - | - |
      エキストラ
      0
        火曜日にフクアリに行ってきました。仮面ライダー鎧武(劇場版)のエキストラに家族4人で参加したのです。演じるのはフットボールサポーター。当然上映前なので、募集告知でオープンになっている内容以外は書けませんので、あくまでフットボールサポーター視点で書きます。

        まず架空とはいえ他所のチームを初めて応援しましたよ(笑)。エキストラも初めて。観客役なので数千人規模が参加した大掛かりなロケとなり、場所もフクアリという事もあってイベント色の強い現場でした。

        とにかく疲れました。やっぱり子供を連れてのスタンドは、サンガ同様にしんどいです。拘束時間も長かったし、降雨で撮影が中断したりしたからね。

        作品が鎧武なので子供連れも比較的多くいましたが、平日日中だからやっぱり学生さんとか比較的若い方が目立った印象です。

        悔しいのは、演技とはいえリアルのサンガよりスタンドが熱かった事。うちのスタンドがこんな感じだったらとも思いましたね。

        そしてテスト時に起こった自然発生コール。演技とはいえみんなシュートだったからマジな応援並みに素晴らしかった。これは私がサポーターを初めてから一貫して夢見ている理想の応援であり、うちのスタンドに目指して欲しい姿です。

        やっぱりスタンドは楽しいですね。次はアウェイ湘南に参戦します。前に立ちたがりのかまってちゃんな私らしいですが(笑)、平塚のスタンドはいつも通り家族で、存分にフットボールを楽しみたいと思います。
        | 仮面ライダー・特撮ヒーロー | 21:37 | comments(0) | - | - | - |