RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
3/12(日)v 福岡 レベルファイブスタジアム
0

    前節同様に前半で眠たくなりました。正直に今のままでは何にもオモロない。現場に立たれたサポーターも辛いでしょうね。流れに関係なく応援に集中出来ればマシかも知れないが、そういう訳にはイカンでしょうから。

     

    今シーズンのチームに対しては、シーズン前から不安一杯でしたがその通りでした。残念ながら今の布部フットボールではプレーオフ圏内どころか、トップ10も厳しいでしょう。

     

    しかし今シーズン途中の監督交代は止めて欲しいです。まあ交代の時点でほぼ目標達成は無理なのですが。いずれにせよ布部監督には最後まで責任をとって貰いましょう。もしそうなれば社長の山中さんが真っ先に自ら去るべきですね。

    | 京都サンガ | 07:01 | comments(0) | - | - | - |
    敵地視察その6「新潟編」
    0

      最近、月1回視察している新潟。リーグ開幕したら新潟駅の万代口側の通路に、ウチとは何かと因縁めいた敵チーム(長らくカテゴリー違うけどね)、アルビレックス新潟のB2ポスターが4枚連貼りされとりました。それだけなら軽くスルーするところですが、よーく見ると・・・

      1枚目。落書き?それとも仕込み?まあ気合い入っとりますな。続いて2枚目、

      らしいです。右下にはさりげなく「勝ち点3」と切実な願いが(笑)

      3枚目。キショーとはサンガサポーターが大好きな矢野選手ですね。彼って右ウイングでしたっけ?

      最後4枚目。ご丁寧にビッグスワンの方向を示してくれてます。そしてお決まりの「No Life」。

       

      私はこういうのは、例え自己満足と言われようが大好きです。今のウチのサポーターに足らない部分かも知れませんね。

      | 一般 | 12:17 | comments(0) | - | - | - |
      3/4(土)v 徳島 西京極
      0

        土曜日開催は参戦だけでなく中継視聴するにも有難いのだが、どうしてもリポートを日曜日に書けない(笑)。よって記憶が曖昧な中リポートするのをお許しいただきたい。

        でも記憶云々以前の酷いゲームでしたね。前半は正直に眠たくなりました。しかし後半は前節同様に選手交代後にゲームが動いたのはご存知の通り。

        田中くんの得点は前節の失敗を挽回出来て勝ち点3をもたらせた良いゴールでした。でも彼の足に生じたアクシデントがキッカケの結果オーライですし、ディフェンダーとして見れば不安は払拭出来ません。むしろ不安が増大しました(笑)。

        ケヴィンはサンガではなかなかお目にかかれなかった「当り長身外国人FW」だと早くも思っています。役割をしっかり認識した無駄のない動きで、またネットこそ揺らさなかったが強烈なミドルも打てる。コメントもなかなか優等生(笑)。敵の長身外国人には幾度となくやられまくった記憶がいっぱいあるだけに、ケヴィンには期待せずにはいられない。

        最後にDAZN中継について。また詳しくリポートしますが、今節はほぼ問題なかったですね。

        | 京都サンガ | 08:21 | comments(2) | - | - | - |
        2/26(日)v 山形 西京極
        0

          始まりました!今シーズンも宜しくお願い致します。

          色々書きたいことはありますが、まずはゲームについて。最初の10分ぐらいのプレーが今シーズンやりたいことなのかなぁと思いましたが、悪くはないにしても、引かれたら厳しいのはこれまでと一緒。相当に精度が高く早い展開が出来ないと、昨日みたいになる。最後に1点返せたのは良かったです。

          途中交代した2人の新人とベルギー人、皆さんもご覧になられてた通りです。使い方は悩みどころですが、今後の活躍が期待出来ます。

          スタートから入った新加入選手はまだまだ何とも言えませんが、 少なくとも昨日は厳しかった。大半の方は途中交代の3人をスタートから起用すべきと思ったのでは?話題の元代表、田中くんは攻撃時はともかく、守備については、相手5番のディフェンダーを比べちゃうとね(笑)。次節の活躍に期待しましょう。

          動員は9000人弱。やはり開幕は5桁いけないですね。そして黒星スタート。今シーズンも厳しい闘いになりそうです。目標は優勝以外ありません。現実的にはプレーオフ圏内入りでしょうが、昨年シーズンのような期待に乏しいのが正直なところです。

          初めてDAZNで視聴しました。これについては近日中に書かせてください。

          | 京都サンガ | 07:28 | comments(2) | - | - | - |
          仮面ライダー・コンプリートその17「ゴースト」
          0


             

            お久しぶりです。今年初めてのリポートがライダー関連なのは自分でも驚きです(笑)。

             

            というのも、いつ頃からかベイブレードに掛かりきりで、ラスト10話ぐらいを観ないままでした。ベイの大型大会が終わり、一気に緊張感が解れたのか、思い立って集中視聴。残りを先週に全て観終えました。

             

            しかし内容は久しぶりのハズレ作品。直近10作品で最低。もしかしたらブレイドより下かも(笑)。だからなのか、視聴が途中で止まったのは、ベイに集中しただけではなく、オモロないから自然に遠退いた面もあります。

             

            しかし生きる事の尊さをテーマに幽霊をモチーフにした設定、ライダーデザイン、変身アイテムの眼魂(アイコン)で設定された偉人(宮本武蔵やエジソンなど)に因んだフォームチェンジ、あとキャスト陣も決して悪くない。

             

            やはり演出が不味いんでしょう。またテーマやモチーフの関係から暗くならないような配慮があったか、これまでのシリーズ以上にコミカルな演出が目に付きましたが私には余計に感じました。ドライブ以前のコミカル演出には感じなかった感覚です。ホンマにオモロないんですわ。

             

            それとやはり新鮮さの欠如。ドライブ以降、マーケティング実績の不芳からか、本作ではコンサバな感じがアリアリです。私からしたら45周年やら原点回帰云々は言い訳にしか聞こえない。事実、本作のマーケティング数字は相当に厳しい筈。ベイの影響でオモチャ屋に赴く機会が格段に増えた中でライダー関連商品の余剰感、挙句は陳列スペースがランクダウンをした店舗もありました。妖怪ウォッチブームに曝されたドライブのような言い訳は本作は出来ないでしょう。だからなのか現行のエグゼイドでは意匠面をかなり冒険したのだとも思いましたね(作品内容はまだ全く知りませんが、医者がライダーというこれまでには考えられなかった設定にも多少の期待はあります)。

             

            良かった面にも触れておきますね。印象に残ったキャストとしては敵となる眼魔幹部のアラン(磯村勇斗さん)。彼の心理描写と変身するネクロム(3号ライダー)は、前作ドライブのチェイサー同様にドラマチックで3号ライダーとしての役割をしっかり果たせています。またややもすればダサくなりそうな変身形態(ドライバーが腕巻きタイプで目薬を点眼するようなアクションで変身)をそれなりにカッコ良く纏めていました。

             

            他のキャストについては、演出の不味さこそありますが、例えば主人公を演じたジュノンボーイの西銘駿さんは、現役高校生ながらしっかりヒーローとしてお芝居されていました。ただオダギリさんや佐藤健さん、水嶋ヒロさんら先輩を超えるレベルではありません。あっ、ヒロイン役の大沢ひかるさんは私はダメです(笑)。

             

            本編とは関係無いですが、番組提供社の大塚製薬さま「オロナミンC」とのコラボCMは、久しぶりに主要キャストが顔出し出演した良作です。

             

            最後にオープニングソングを担当した氣志團さんは、ファンには申し訳無いが、ライダーソングを担うアーティストとしては役不足です。メジャー調のポップな作品で本作に全く合わないとまでは言いませんが、楽曲やアレンジ、歌のトーンなどが私の求めるライダーソングのカッコ良さやイメージにどうしても当てはまらないのです。スミマセン。

             

            次回は早ければ年末までに現行作品のエグゼイドをリポートしたいと思います。

             

            そして間もなくセカンドディヴィジョン2017年シーズン開幕です。暫くはスタンドに立つ機会がかなり少なくなる見通しですが、DAZNも契約しましたので、気持ちはハードコアサポーターのままで応援したいと思います。

            | 仮面ライダー・特撮ヒーロー | 12:55 | comments(0) | - | - | - |
            新しい体制
            0

              現時点では正直に戸惑っています。色んな見方があるとは思いますがねぇ。とにかく私にとっては昨年のようなワクワク感が乏しい。

              新規加入が発表された選手やコーチ、そして噂されている元代表のおじさんなど、皆さんの感想は?

              とはいえ、紫の勇者達になればみんな全力で応援するのですけどね。まだまだこれから発表が続くでしょうから、結果として良い体制になるのを祈るしかありません。

              期待しています。

              | 京都サンガ | 13:17 | comments(2) | - | - | - |
              厳しい人事
              0
                公式で発表されている通りです。先に発表された選手に続いてコーチ陣でもレジェンドの2人がウチを去ります。

                結果に対する対応としてはもっともだと思います。上を目指すには情実で動いては行けませんから。しかし私にとってはとても悲しい人事です。本音を言えば色々思うところがありますが、ココに書くつもりはありません。

                来シーズンは優勝争いが出来る体制作りが必須でしょう。その為の人事であると信じています。結果が出せなかったら次は山中さんが責任を取らないとダメです。

                石丸さんと平井ちゃんは私にとってレジェンドであることは今後も変わりません。特に平井ちゃんはサポーターを始めてから引退まで一緒に闘った戦友です。彼の現役最後のゲームは(確かアウェイ山形戦)出禁で立ち会えなかったのですけどね(苦笑)。マルさんはやっぱり2001と2002年シーズンですね。2001年シーズンに私が唯一参戦出来なかったアウェイ水戸1回目に決めたオッサンゴールが忘れられません(笑)。そしてセカンド優勝と天皇杯を一緒に獲りましたね。

                本当にお疲れさまでした。他所で活躍してください!とかは全く思っていません(笑)。またいつかウチで一緒に闘えたら良いなあと思っています。

                今回の人事はこれでもう忘れます。終わり。選手もまだまだ動きがあるかも知れませんが、セカンド優勝が出来る人事だと信じて来シーズンも可能な限り闘いたいと思います。

                今シーズン、本当にお疲れさまでした。
                | 京都サンガ | 22:02 | comments(0) | - | - | - |
                11/27(日)プレーオフ準決勝 v C大阪 キンチョウスタジアム
                0

                  実は私、シーズン当初からプレーオフは参戦するつもりはなかったです。まあ会場が関東だったら再検討したかも知れませんが。

                  前々からこのリポートでも書いていましたが、オートマチック以外はゲーム増量のオマケにしか思っていません。石丸監督はプレーオフを敗者復活戦と表現したらしいです。全くその通り。ウチは2016年シーズンのリザルトは5位。昇格争いという意味では敗者です。

                  よってプレーオフ敗退に悔しさはありません。それどころかやや劣勢なゲームでギリギリに同点に追いつけたのには興奮MAXでした。有田くんは何か持ってますね。そしてフットボールとしてとても楽しめました。どん底の昨シーズンから5位着地でプレーオフ進出まで持っていけた選手はもちろん石丸監督以下のチームスタッフ、関係各所の方々のおかげだと思っています。

                  そしてやっぱり我々サポーターが居たからこそ。キンチョウスタジアムのアウェイゴール裏はとても素晴らしい雰囲気でした。

                  今回の結果に大半のサンガサポーターはガクッとされたかも知れません。当然のことと思います。しかし昇格を果たしたところで残念ながら、今のウチではファーストはしんどい舞台です。今シーズンの福岡と同じような結果しか見えません。まだまだセカンドでも優勝争いには加われないレベルなのだと今シーズンを終えて痛感しています。

                  もちろん来シーズンの目標は昇格ではなく優勝です。私は当面ベイブレード優先にはなりますが、可能な限り参戦したいと思います。レプリカシャツも変わりますしね。楽しみです。

                  最後に今シーズンは本当にお疲れさまでした。我が家にとってはとても楽しく満足いくシーズンでした。来シーズンも宜しくお願い致します。

                  | 京都サンガ | 08:57 | comments(0) | - | - | - |
                  【長文独り言】ベイブレードバーストへの決意
                  0

                    息子が今年に入って毎週末参戦しているベイブレードバーストの公式大会。そのサポートを夫婦共々ガチで取り組んでいます。

                    出会いはちょうど昨年の今頃。上野駅前のオモチャ屋さんのデモンストレーション。息子は既にコロコロの連載漫画で認知しており、既に誕生日かクリスマスのプレゼントに欲しいと妻にねだっていたようだ。実際に息子の手に渡り、一緒にベイを回した感想は、子供と一緒に遊べる良く出来た玩具であること。しかしアタックやらバランスなんて良くわからない。売ってる商品ならば何でもエエんちゃう?ぐらいにしか思わなかった。

                    その年末に「大会があるから行かない?」と妻から言われて初参戦した。当時はまだ参戦人数も少なく大人も混ざって参加出来た。何回か参戦しているうちにとんでもなく強い子達を目の当たりにした。特に高学年らしい子は聞けば全国大会で優勝する程の実力者。

                    何であんなに強い?

                    正直良くわからなかった。でもベイのシュートに明らかな違いがある。その子は力任せにシュートしていない。ベイの組み合わせにもヒントがあるのでは?と感じて以降、その子達の使用していたベイを意識するようになった。

                    その間にとても大きな出会いがあった。同じ県内に住む4月に6年生になった男の子とお父さん。男の子は前世代からの経験者でかなり強い。そして何故か初心者の我が家と専用端末「ベイロガー」を使ったフレンド登録をしてくれた。ブレーダーネームが何故かガンダム由来(笑)。そして服装が親子で某フットボールブランド浦和版(要するに敵サポ!)。

                    私の嗜好にドンピシャで一気に距離が縮まった。そのご家族とは今も緊密にお付き合いさせていただけている(サポーターとしては敵!)。息子にとっても私にとってもかけがえのない兄貴的存在。ちなみにこのご家族はバーストが始まって結成した新興のベイブレードチームに所属し、老舗のチームを脅かす程の有力チームに成長している。

                    彼らとの出会いから、我が家のベイライフが充実してきた。少しづつではあるがショップ大会では結果が出せるようになった。彼等と肩を並べられるレベルになりたいなぁと漠然と思いながら、徐々に今後の活動方針を考えるようになった。

                    決定的だったのは10月に開催された大型大会(グレード2)。懇意の男の子が決勝ステージに上がった反面、息子は1コケ。6月にあったグレード1大会でのベスト16が如何に幸運だったのかを思い知らされた。お友達の活躍は素直に嬉しかったが、それ以上に悔しさが強く残った。

                    今のままで果たして成長出来るのか?チームとかに所属したほうが良いのだろうか?

                    我が家と同じような無所属のブレーダーが老舗チームに加入したりする中で、そもそも相手にして貰えるかどうかは抜きに、我が家も強豪チーム加入を検討した。もし加入するなら兄貴分の所属するチームだったらエエよなぁとかね。しかしその判断は息子に委ねるべきであり、その本人は自分がトップのチームを作るとか言い出す始末(笑)。

                    もう1つ、これは恐らく妻も危惧しているかも知れないが、私はかつてサンガサポーターチームを主宰し、結果として活動を継続出来なかった人間だ。チーム運営することの難しさ、特に良好な人間関係の維持にはハッキリ言ってもう自信がない。妻も不安があるだろう。サンガサポーターならご存知の好き勝手なヤツです(笑)。主宰じゃなければさほど面倒はないとも思うが、チームに所属する以上は、何かしらのルールが存在し、それに縛られることについては私以上に妻も警戒心が高い。

                    よってチーム所属は今のところ考えていない。排除するつもりもないが、恐らく無所属のまま活動することになるでしょう。

                    ベイの大会で常に勝つには様々な知識やスキルが必要だ。チームに所属して得られるであろうノウハウは魅力だが、まずは家族でやれることからガチで臨むと腹を括った。

                    現在、息子はひたすらシュートの練習。相手は妻。私が相手では嫌がります。ガチで行くから負けるのがオモロないのかな?強い相手とやらなアカンと思うんやけどね。ひたすらとか言いながら実はすぐに飽きるし(苦笑)

                    私はベイの最良な組み合わせを見つける。特に持久系ベイは同じパーツでも個体差があるから、より良く回るベイを見つけるには時間はもちろん多少の経済力も必要。そして何より分析力。もはや子供のオモチャではありません。ミニ四駆とかと同じ感じですかね?ガチなのはみんな大人(笑)

                    当座の目標は来年に開催される各種大型大会での決勝進出。決勝ステージに息子を上げてやりたいのです。最終目標は当然ながらグレード1の優勝。超難関です。

                    我が家がこれまで費やして来たものを暫くは全てベイに集中させます。つまり来シーズン以降のサンガ関東アウェイゲームは、参加すべきベイの大会と重なればそちらを優先します。よって参戦数は今シーズンより減るかも知れない。ベイ大会が開催される間、または息子が闘い続ける限りは、暫くサンガは2番手。器用に両立なんて出来ないんです。

                    これからプレーオフがあります。参戦されるサポーターは思う存分に楽しんでください。

                    来シーズンのカテゴリーが変わることを期待しながらも、結果どちらになっても我が家のサンガへの想いは不変です。数年後にはまた遠征三昧を楽しむかも知れないですからね。

                    最後にリポートは中継観戦が大半にはなりますが、これまで通り書きたいとは思います。

                    引き続き宜しくお願い致します。

                    | 一般 | 07:59 | comments(0) | - | - | - |
                    11/20(日)v 長崎 トランスコスモススタジアム長崎
                    0

                      リーグ終了。少し微妙な感じですが勝てて良かったです。

                      もう皆さん、プレーオフモードでしょう。レギュレーションには違和感がありながらもこの大会方式は大好きです。ただウチが出るのは嫌です(笑)。やっぱり優勝して昇格したいしね。

                      しかしながら最大で2試合楽しめるのも事実。長居にはみんな集まるのでしょう。エエですね。存分に楽しんでください。あわよくば決勝まで行きたいですね。

                      それにしても諫早のスタジアムがトラコスさんのネーミングライツになっていて驚いた。琉球にスポンサードしているのは理解出来るけど、何で長崎なの?マーケティング戦略の一環?まあどうでもエエけどね。

                      | 京都サンガ | 20:15 | comments(2) | - | - | - |