RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< スタジアムについて(関東・甲信越篇) | main | スタジアムについて(東海、北陸、関西篇) >>
10/11(日)v甲府 西京極
0
    雨にやられました。私と家族は勿論、このゲームの為にあらゆる準備をされた方々、チケットまで買った方々など、全て文字通り水を差された感じです。

    結果もご存知の通り。少なくともあと1試合お楽しみが増えたと切り替え出来れば良いけど、中には最終戦に照準をあて仕事や家庭のスケジュールを調整してきた人もいる事から、やはり勝って終わるべきゲームでしたね。ゲーム後はすぐにスタンドを後にしたので詳しい事はわからないが、まだプレーオフがある安心感からか、終始スタンドには高い緊張感があったようには思えませんでした。

    応援は申し訳ないが乗り切れなかったです。少し離れた場所に立ったとはいえコアからの熱気が乏しく、最高の舞台であれでは今後も北スタンドすらまとめられるとは思えません。コレオグラフィも流れたし確かにやりにくい面もありましたが、理想を言えば荒天時の対応も検討すべきだったかも知れませんね。

    また応援内容自体も今期では良くない部類でした。確かにゲーム内容に左右されがちなサンガサポーターですがあれでは声自体が出ませんね。アウェイ磐田戦や山形戦がピークだったのかな?リード側なりには色々考えてやっていたのはわかりますが、もしこの日が良かったと言うのなら、それまでが酷いという事になります。それとも過度な期待をし過ぎていたのですかね?

    ただ参戦された多くのサポーターのこの日にかける意気込みそのものは感じられました。雰囲気自体は良かったです。本当に雨が悔やまれますよ。そして最近は会えてなかった多くのサポーターと沢山お話出来ました。私と同じように参戦出来ていない人も多いようで、この日に照準を当てて来てたのです。久しぶりに色んな話が出来て本当に楽しかったです。皆さんありがとうです。

    ただこういうゲームにももう参戦出来ないまたはしない昔の仲間が多いのも事実です。本当に残念です。参戦数が減ったとはいえまだまだ家族で参戦出来ている私なんかは恵まれていると思いますし、未だにハードコアの意識が高く参戦したい気持ちを抑えられないのは、サンガへの忠誠心だけでなく昔から一緒にやってきたサポーター仲間が居るからに他なりません。

    中にはサポ連事務局やND時代についイキがって不愉快にさせた方も多くいる筈です。しかし大半は無視もせずに少なくとも会釈いただいたりわざわざ声を掛けていただいたりと、やはりホームは素晴らしいと実感しています。

    そして今期もう一度ホームでやれる事になりましたので、出来るなら調整して参戦したいです。参戦出来たらその時も宜しくお願いします。
    | 京都サンガ | 07:49 | comments(4) | - | - | - |
    最終節にお会いするのを楽しみにしていましたが、後半にホーム自由席からサポーターズシートに移動したこともあって結局お会いできませんでした。

    試合終了後リード側の人間がが茫然と立ち尽し、
    結果延々と相手のチャントを聞かされる羽目になりました。
    それを一部サポ達が相手に向かってブーイングするという恥ずかしい事態に。
    昇格の可能性が完全に潰えたのならともかく、プレーオフが残ってるんだからそういう時こそリード側が切り替えて鼓舞すべきだと思うんですがね。

    リード側には自分の主張ばかりでなく、サポーターの最大公約数を汲み取って喜怒哀楽を表現させるリードしてもらいたいと強く願っていますが
    一向に変わりませんね(笑)
    それが私をサポーターズシートから離れさせた一番の理由ですけどね。

    決勝まで進めることができれば国立には必ず行きますので
    その時は是非お会いしましょう。楽しみにしています。
    | MH | 2012/11/13 1:18 PM |

    MHさん。こんにちは。コメントありがとうございます。

    リード側も何も考えていない訳ではなく、逆に考えてしまうゆえに対応がどうしても近視眼的になるというか、目の前の対応に終始してしまうのではと思っています。

    またリードされる側の大半のサポーターにも問題があるとも思いますよ。まずはどうすればスタンドに立つのが楽しいかを自分なりに見つけないと。ある程度はリードがイニシアチブを取るのは仕方ないし付いていくべきですが、リードだけに頼るのでは駄目だと思います。

    スタジアムでお会い出来たらまたお話しましょうね。
    | ヨーゼフ | 2012/11/13 5:08 PM |

    先日はありがとうございました。
    自分自身は気迫くを出せていたと思っていますし、周りのノリも最高に感じていましたが、少し離れたヨーゼフさんのおられる場所まで伝わらなかった事実は、やはり真ん中のコアゾーンに迫力が足らなかったのと、最終決戦という気概がスタンド全体に足らなかったのかもしれません。

    そして人を『ノセていく』コアゾーンを作る難しさを痛感した一年であると同時に、長年にわたる団体間の溝を感じた一年でもありました。

    また国立でお会いしましょう。
    失礼いたします。
    | katti@黒帽子 | 2012/11/17 11:26 PM |

    kattiさん

    コメントありがとうございます。貴兄のコメントについてはプレーオフのリポートにてまとめさせていただこうと思います。

    今シーズンはお疲れ様でした。来シーズンも宜しくお願いします。
    | ヨーゼフ | 2012/11/18 9:54 PM |