RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< むかし話でスミマセン | main | 明日は年に一度のライブ >>
ツジトモ「GIANT KILLING」
0
    最新刊が発売されてます。言わずと知れたフットボールサポーター必見の漫画です。

    翼の王国のイングランドフットボール特集のリポートでも少し取り上げましたが、イングランド帰りの元プロフットボーラーの主人公・達海猛がかつて所属した日本の弱小クラブ「イースト・トウキョウ・ユナイテッド」で監督になり、正にジャイアントキリングを起こしていく作品。

    日本のフットボール漫画では「キャプテン翼」シリーズと肩を並べる秀作だと思っています。また掲載誌である「週刊モーニング」のメインターゲットである成人男性の閲読に耐えうるリアリティ溢れる内容ながらも、ティーン層が読んでも理解でき楽しめる内容に仕上げているところが人気の要因だと思います。そして躍動感ある作画も効いてます。作画がダメならとっくに連載が終わっていたかも知れません。

    またフットボール漫画である以上、選手や監督などチームスタッフがメインになるのが当たり前ですが、この作品ではさらにフロント、サポーター、メディア関係者までが多く絡んでくる群像劇になっています。

    我々サポーターとしてはサポーター描写に注目してしまうのはいうまでもありません。今回の最新刊ではETUのコアサポーターチームのスカルズのリーダーにスポットが当たっています。達海猛がETUのエースだった時代に、偶然足を運んだダービーマッチを目の当たりにします。次刊ではサポーターにのめり込んでいくシーンが描かれていくのでしょうが、まさに「フィーバーピッチ」ですね。

    これまでも過去のコアサポーターとスカルズとの軋轢を描いていました。実際にどのクラブでもありますねぇ(笑)。興味深い内容です。また作家側がサポーターを知らなければ、または興味が無ければ描く事は出来ないですね。応援やサポーターに関心のない読者には面白いのかどうかが気になるところですが。

    そして「プロフットボール」は選手だけで成り立っているのでは無いよと強く訴えています。印象的だったのは達海がクラブ広報の女性スタッフが過労で倒れた後に「お前もフットボーラーならば〜」と女性スタッフをたしなめるシーンがあります。

    そうなんですよ、ETUに関わる者を皆フットボーラーとして扱っているのですよ。サポーターが12番目を標榜するのと同じように。達海猛を通じて作家側の「フットボール感」みたいなものを強烈に主張しているんですね。達海に「サッカー」と呼ばせないのもその一つなのでしょう。

    だから選手や監督などチームスタッフやゲームだけを描くだけでは作家のフットボール感が表現出来ないのだと思います。多少の違いはあれ私も概ね共感出来ます。なんてったってイングランド好きですから(笑)。

    しかしフットボールを題材にしている以上、また連載の都合上でもメインはどうしてもゲームシーンになります。特に最近はゲームに片寄ってしまっていたのが少々不満でした。連載開始から5年は経っているにも関わらずまだ1シーズンを終えていないし(笑)。とにかく1試合が長い!

    まあ恐らくこのシーズン終了をもって連載も終えるのでしょうね。しかし人気作品ゆえに達海猛の選手時代やスカルズリーダーのフィーバーピッチネタなど過去の物語を描いたりしながら連載を継続しています。次は何をクローズアップするのか楽しみです。私の希望はクラブフロントの会長と副会長兄弟(共に飲食店経営者)と広報の女性スタッフ(会長の娘)がどうやってクラブ経営に関わったのかを描いて欲しいです。リアルにはあまり無いケースですから。

    この作品はアニメ化はされましたが、実写映画化が出来ないものかと考えた事があります。テレビドラマは絶対ダメね。陳腐になるから。そして漫画そのままではつまらないから、JリーグとタイアップしてETU以外は全て実名のクラブにして、クラブスポンサーも可能な限りプロダクトプレイスメントにする。選手も主要なキャラクター以外は本物出しても良いんですよ。キャプテン翼みたいに。でもフットボールモノの実写は難しいでしょうね。俳優のプレイシーンとかね。配役は大変でしょう。まあ妄想ネタですわ。

    そして連載最後は作品名通りジャイアントキリングしてタイトルでも取るのでしょうかね?皆さんはどう予想されますか?

    私の予想ではリーグは有り得ないとして、カップ戦ファイナルまで持っていくのでは?と思っています。楽しみですね。
    | 漫画 | 00:05 | comments(2) | - | - | - |
    個人的にはETU対イーストハムを見てみたいです。
    | MOPPARA | 2012/12/27 12:22 PM |

    MOPPARAさん

    はじめまして。コメントありがとうございます。また古いリポートにコメントいただきましたね。

    確かに達海が率いたクラブ同士のゲームは興味あります。

    ただ真面目な話をするといくら日本のフットボールクラブとはいえファーストディヴィジョンのプロクラブと、イングランドとはいえ5部のカンファレンスレベルではどうしても実力差がありません?

    もちろん達海がイーストハムを率いていれば別かも知れません。実際にポーツマスと接戦だった訳ですし。でもETUとイーストハムが対戦出来るシチュエーションってフレンドリー以外に有り得ないですよね?細かいツッコミ入れてスミマセン。

    私はこの作品のクライマックスはタイトル通り、ジャイアントキリングが起こりやすい(起こせやすい)天皇杯になるのではと思っています。相手は東京ヴィクトリーを予想します。

    それにしても今のETUはもはや弱小クラブに見えないですね(笑)。まだ1シーズン終わっていないのにも関わらず連載が長いから読者もマヒしているだけかも知れませんが。

    またコメントして下さい。
    | ヨーゼフ | 2013/01/01 2:31 AM |