RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< ソニック・ユース | main | ポストパンク(1) >>
GAUZE(ガーゼ)
0


    タイトルのバンドは日本を代表するハードコアパンク。彼らの話に入る前に、私の80年代に影響を与えたインディーズムーブメントについて触れさせていただきたい。


    80年代半ばにNHKで「インディーズの襲来」という番組が放送された。中身は余り覚えていないが、ラフィン・ノーズ、ウィラード、有頂天という当時の「インディーズ御三家(だったっけ?)」が出演した。この番組で初めてインディーズというフレーズを耳にした。


    私が初めて手にした国内インディーズ作品は有頂天「心の旅」とコンピレーションカセットブック「THE PUNX」。有頂天はポップで既にメジャーレベルのクオリティだったが、THE PUNXは色んな意味で衝撃だった。



    国内外問わずパンク・ニューウェーブに急速に傾倒していく中、ある日、同志社大学の「EVE祭」なる野外イベントにハードコアパンクバンドが多数出演したので観に行った。LIP CREAM、GHOUL、そしてGAUZE。関西勢は若きし頃のSOBやOUTO。今思えばかなり豪華な顔触れ。そしてJAPハードコアをリアルに体感した瞬間だった。


    圧巻はこのイベントでトリを取ったLIP CREAM。1stアルバム「Kill Ugly Pop」のナンバーを派手なステージングで展開(オープニング曲「Shangri-La」に合わせてボーカルのJHAJHAさんが燃える炬火をステージで振り回していた!)。他のJAPコアにない何かをハードコアをよく知らない私ですら感じた。


    一方、タイトルのGAUZE。LIPの前の出番だったが、とにかくストイックさを強く感じるステージング。正直ライブパフォーマンスとしてはLIPに軍配が上がるが、サウンド的な好みは圧倒的にGAUZE。彼らの2ndアルバムでJAPコア史上最高作品「Equalizing Distort」から多くのナンバーが演奏された。



    「Equalizing Distort」はサンガサポーターのアウェイ遠征車中で、当時のメロコア好きの若手(ウチの応援歌はNICOTINEナンバーの替歌が多かった)に聴かせてみた。本格的JAPコアを彼らが受け入れるかは半信半疑だったが予想以上に好反応(笑)。若手の中には後にライブに足を運んだ子もいたようだ。


    私が彼らをリスペクトするのはサウンドはもちろん、インディーズであり続ける活動スタンス。ファッション性やアートワークは正直洗練されているとは言えない。しかし彼らにはインディーズPUNKらしいDIY精神がしっかり根付いている気がする。


    少し前に彼らのステージ動画で、Tシャツ売り上げを東日本大震災の寄付する案内をベースのSHINさんがされているのを観た。「自分達はPUNKSだから」というスタンス、そして自分達の手で寄付金を持参する旨の説明がとても丁寧で、私は国内に彼ら以上のPUNKSは居ないと確信した。そして彼らは恐らくこれまでの活動の中であらゆる誘惑(色んな意味で)にも一線を引いて来たに違いない。でないと大きくメンバーが変わる事もなく40年近くも活動継続出来なかっただろう。


    これからも彼らが更にジジイになろうが一生PUNKS、インディーズであって欲しい。もちろん私も作品は必ず買いますから(笑)。

    | 音楽 | 11:56 | comments(0) | - | - | - |