RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 9/2(土)v 山口 西京極 | main | 9/23(土・祝)v 湘南 西京極 >>
9/9(土)v 山形 NDソフトスタジアム(笑)
0

    ゲームの感想は特に無いですが、結果については、まあ今の実力通りかなと思っています。

     

    DAZN中継の解説の方(どなたかは確認を怠りました)に、ズバズバとウチの悪い所を遠慮なく言われ、ある意味心地良かったです。

     

    そしてこの時期に良く聞くサポーターの声。「数字の上で可能性がある限り諦めない」的内容。

     

    どうしても昇降格の話になる。数字の上で可能性がある以上、諦めないの気持ちを持つのはもちろん立派です。でも皆んなもう無理な事ぐらい分かっています。でも諦めたら駄目だと言い聞かせている。そんな事言ったらアカンとかね。

     

    ごめんなさいね。私の中では、プレーオフ圏内入りは、先月のホーム福岡戦での敗戦で実はすっかり終わっていました。だからこそ残りゲームは純粋に面白いフットボールを求める事にしています。土曜日のゲームはそれなりに楽しめました。クオリティはドップリとセカンドレベルですが(笑)。

     

    忘れもしない、2000年シーズンのアウェイ磐田戦。2点先行して3点取られて逆転負け。数字の上はともかく、事実上このゲームにて降格が決まった。どう考えても無理な状況にも関わらず「可能性がある以上、最後まで諦めるような事を言うな!」と窘められました。

     

    気持ちは痛い程わかりましたよ。ゲーム後、私自身もヤマハスタジアムバックスタンド側のトイレ前で紫魂Tシャツを運びながら泣きましたもん。でも私はもう残留争いから解放されたかった。その次のホームV川崎戦での勝利は本当に嬉しかった。今だから言えますが、私の中では残留の事なんぞこのゲームではもう考えてもいなかった。それよりもあの南ゴール裏スタンドの雰囲気が最高だった。それだけで十分だった。来シーズンのセカンドではもっとガチで行こうと誓いましたから。

     

    今もそうです。プレーオフ圏内入り争いからはもうすっかり解放されています。今はDAZN視聴が中心ですが、週末が来るのをとても楽しみにしています。

     

    サポーターそれぞれに想いはありますが、こういう切り替えも悪くないですよ。次節も頑張って応援しましょう!

    | 京都サンガ | 22:09 | comments(0) | - | - | - |