RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 11/20(日)v 長崎 トランスコスモススタジアム長崎 | main | 11/27(日)プレーオフ準決勝 v C大阪 キンチョウスタジアム >>
【長文独り言】ベイブレードバーストへの決意
0

    息子が今年に入って毎週末参戦しているベイブレードバーストの公式大会。そのサポートを夫婦共々ガチで取り組んでいます。

    出会いはちょうど昨年の今頃。上野駅前のオモチャ屋さんのデモンストレーション。息子は既にコロコロの連載漫画で認知しており、既に誕生日かクリスマスのプレゼントに欲しいと妻にねだっていたようだ。実際に息子の手に渡り、一緒にベイを回した感想は、子供と一緒に遊べる良く出来た玩具であること。しかしアタックやらバランスなんて良くわからない。売ってる商品ならば何でもエエんちゃう?ぐらいにしか思わなかった。

    その年末に「大会があるから行かない?」と妻から言われて初参戦した。当時はまだ参戦人数も少なく大人も混ざって参加出来た。何回か参戦しているうちにとんでもなく強い子達を目の当たりにした。特に高学年らしい子は聞けば全国大会で優勝する程の実力者。

    何であんなに強い?

    正直良くわからなかった。でもベイのシュートに明らかな違いがある。その子は力任せにシュートしていない。ベイの組み合わせにもヒントがあるのでは?と感じて以降、その子達の使用していたベイを意識するようになった。

    その間にとても大きな出会いがあった。同じ県内に住む4月に6年生になった男の子とお父さん。男の子は前世代からの経験者でかなり強い。そして何故か初心者の我が家と専用端末「ベイロガー」を使ったフレンド登録をしてくれた。ブレーダーネームが何故かガンダム由来(笑)。そして服装が親子で某フットボールブランド浦和版(要するに敵サポ!)。

    私の嗜好にドンピシャで一気に距離が縮まった。そのご家族とは今も緊密にお付き合いさせていただけている(サポーターとしては敵!)。息子にとっても私にとってもかけがえのない兄貴的存在。ちなみにこのご家族はバーストが始まって結成した新興のベイブレードチームに所属し、老舗のチームを脅かす程の有力チームに成長している。

    彼らとの出会いから、我が家のベイライフが充実してきた。少しづつではあるがショップ大会では結果が出せるようになった。彼等と肩を並べられるレベルになりたいなぁと漠然と思いながら、徐々に今後の活動方針を考えるようになった。

    決定的だったのは10月に開催された大型大会(グレード2)。懇意の男の子が決勝ステージに上がった反面、息子は1コケ。6月にあったグレード1大会でのベスト16が如何に幸運だったのかを思い知らされた。お友達の活躍は素直に嬉しかったが、それ以上に悔しさが強く残った。

    今のままで果たして成長出来るのか?チームとかに所属したほうが良いのだろうか?

    我が家と同じような無所属のブレーダーが老舗チームに加入したりする中で、そもそも相手にして貰えるかどうかは抜きに、我が家も強豪チーム加入を検討した。もし加入するなら兄貴分の所属するチームだったらエエよなぁとかね。しかしその判断は息子に委ねるべきであり、その本人は自分がトップのチームを作るとか言い出す始末(笑)。

    もう1つ、これは恐らく妻も危惧しているかも知れないが、私はかつてサンガサポーターチームを主宰し、結果として活動を継続出来なかった人間だ。チーム運営することの難しさ、特に良好な人間関係の維持にはハッキリ言ってもう自信がない。妻も不安があるだろう。サンガサポーターならご存知の好き勝手なヤツです(笑)。主宰じゃなければさほど面倒はないとも思うが、チームに所属する以上は、何かしらのルールが存在し、それに縛られることについては私以上に妻も警戒心が高い。

    よってチーム所属は今のところ考えていない。排除するつもりもないが、恐らく無所属のまま活動することになるでしょう。

    ベイの大会で常に勝つには様々な知識やスキルが必要だ。チームに所属して得られるであろうノウハウは魅力だが、まずは家族でやれることからガチで臨むと腹を括った。

    現在、息子はひたすらシュートの練習。相手は妻。私が相手では嫌がります。ガチで行くから負けるのがオモロないのかな?強い相手とやらなアカンと思うんやけどね。ひたすらとか言いながら実はすぐに飽きるし(苦笑)

    私はベイの最良な組み合わせを見つける。特に持久系ベイは同じパーツでも個体差があるから、より良く回るベイを見つけるには時間はもちろん多少の経済力も必要。そして何より分析力。もはや子供のオモチャではありません。ミニ四駆とかと同じ感じですかね?ガチなのはみんな大人(笑)

    当座の目標は来年に開催される各種大型大会での決勝進出。決勝ステージに息子を上げてやりたいのです。最終目標は当然ながらグレード1の優勝。超難関です。

    我が家がこれまで費やして来たものを暫くは全てベイに集中させます。つまり来シーズン以降のサンガ関東アウェイゲームは、参加すべきベイの大会と重なればそちらを優先します。よって参戦数は今シーズンより減るかも知れない。ベイ大会が開催される間、または息子が闘い続ける限りは、暫くサンガは2番手。器用に両立なんて出来ないんです。

    これからプレーオフがあります。参戦されるサポーターは思う存分に楽しんでください。

    来シーズンのカテゴリーが変わることを期待しながらも、結果どちらになっても我が家のサンガへの想いは不変です。数年後にはまた遠征三昧を楽しむかも知れないですからね。

    最後にリポートは中継観戦が大半にはなりますが、これまで通り書きたいとは思います。

    引き続き宜しくお願い致します。

    | 一般 | 07:59 | comments(0) | - | - | - |