RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 某巨大掲示板群に書かれている事など。 | main | 五輪代表と某巨大掲示板群について少しだけ >>
子供映画とバカに出来ないよ。
0


    サンガやフットボールネタから離れて映画ネタを書かせて下さい。

    映画ネタの一発目はディズニー・ピクサー製作の「カーズ」と「カーズ2」。今年になって観た作品なのですが、映画と言うかCGアニメです。しかしこれがなかなかエエんですね。

    天皇杯ファイナル翌日に息子を連れてデパートのオモチャ売場に行った時に、店頭で流されていたプロモーションビデオに私自身が惹かれてしまいました。私は勿論、息子も興味を示さなかったコンテンツだったので改めて映像の持つ説得力を実感しました。

    ストーリー自体は基本子供向けという事で2作品とも「仲間」や「友情」をテーマにした特別面白いものではありませんが、擬人化されたカーズの描写が大変素晴らしく、特にレースシーンは何度も見てしまいました。私のようなモータースポーツファンのマニアックな視点にもかなり配慮した上で、子供の観賞にも堪えうる内容に仕上げているのは本当に見事。

    圧巻はカーズ2での日本グランプリ。舞台設定こそ日本だが映像はまさにシンガポールグランプリのナイトレース。第1コーナーの進入シーンと複合コーナーでのカーズの挙動はフォーミュラ1そのもの。後、ダートセクションでのドリフトなんてまるでWRC。しかしカーズの多くはGTカーやスポーツプロトタイプ。カテゴリーごちゃ混ぜの中にも、リアルなレースシーンに負けない臨場感を醸し出せています。

    擬人化の象徴とも言えるカーズの目は、まるで本物のレーサーのごとく周りを意識した動きなのにも注目。日本グランプリの1コーナーもそうだし、カーズ1でのハドソンホーネットがテールスライドしながら逆ハンドル切って流れる場面なんかは雰囲気あります。

    そもそもアメリカ映画ゆえにカーズ1の舞台はNASCARをモチーフにしたアメリカンスタイルのオーバルコース。また物語の軸とも言えるラジエタースプリングスという架空の町が、かつてアメリカ横断の主要幹線道路であったルート66沿いという設定は、いかにもアメリカらしさ満点。対してカーズ2では日本とヨーロッパが舞台で、ロードコースでのワールドグランプリとヨーロピアンな展開になっている点や、エンディングソングに日本のテクノアイドル「パヒューム」を起用してる事など、グローバルマーケティング的な観点からも非常に興味深い。

    他にも見所は沢山ありますが、語りだすとマニアックになるだけなのでやめておきますが、車が好きな方は2作品ともオススメです。

    最後に2作品通じてSFの名作からのオマージュと思われる場面があるのも付け加えておきます。特に日本でのシーンはリドリースコットやウィリアムズギブスンの世界を彷彿させるとは言い過ぎかな(笑)。

    何を隠そう私はSFにかなりハマった時期があります。次はSFをネタに書きたいと思います。
    | 映画・ドラマ・本 | 19:21 | comments(0) | - | - | - |