RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 6/19(日)v 東京V 味の素スタジアム | main | 6/26(日)v 松本 西京極 >>
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 「暁の蜂起」
0

    IMG_0607.jpg
    先月から先行上映があり、6/10にソフト販売が開始された最新作。3巻目。某サンガサポーターさまは自ブログにて既にレビューを書かれており、私の稚拙な文章と比較されるのを畏れながらもリポートさせていただきます。

    ジ・オリジンとの出会いは「ガンダムA」での連載開始から結構経ってからです。コミックス11巻からスタートする「開戦篇(本作の原作)」がガンダムAでの掲載開始に定期購読を始めました。その後すぐにコミックスで発売された第9巻「シャア・セイラ篇」を先行して読み始め、気が付けば全てコミックスを大人買い。以降、23巻の最終エピソードまで存分に楽しまさせて貰いました。安彦良和先生の解釈で執筆される原作のワクワク感は、当時ND結成前後でバタバタしていた私を惑わす最強の有害図書でした(笑)。確か庵野秀明氏もオリジンを大絶賛していたように記憶しています。

    コミックス原作はファーストのアニメや劇場版を越えた最上級の作品である事はもはや疑う余地はありません。またシャア・セイラ篇から始まった過去篇とクライマックスであるア・バオア・クーでの決戦を収録した22巻と最終巻である23巻を見て、これはもうコミックス原作がファーストガンダムや1年戦争の公式設定なのだと勝手に解釈するに至りました。

    またストーリーそのもの以上に安彦先生の解釈による設定変更、そしてなにより作画が素晴らしい。その秘密は「安彦先生は主線を筆で書かれている事ではないか?」と妻から教えて貰いました。良く見ると確かにペンで書かれたものでないのは判りましたが、あのキャラクターやモビルスーツ等のしなやかな動きが、筆書きによるものなのかどうなのかなんてテクニカルな事は未だに私にはわかりません(笑)。

    そんな秀逸な原作がOVAでアニメーション化されると知った時は、リアルに小躍りしました。全部Blu-rayで買ってやると決心しました。

    しかし過去2巻含めての感想としては、正直に申しましてコミックスの方が良いという評価です。また第3巻でコミックスとは違う大きな設定変更が2つありました。1つは士官学校同期でルウム(サイド5)のハイスクールの同級生であったリノの追加と(キャスバル/エドワウでは無く本物のシャアの友人)、2つ目は暁の蜂起のキッカケとなったムンゾ(サイド3)農業区画での事故原因が連邦宇宙軍艦船の横暴によるものになったこと。

    アニメーションでの盛り上がりを考えての設定変更と受け止めましたが、私にとっては少し残念でなりません。これによりシャア(キャスバルね)がさらに最低な奴になりましたし(大笑)、連邦の横暴ぶりが強調され、高度な政治ドラマの要素が薄れる可能性があります。

    とはいえ、技術の進化により高水準のアニメーション作品になったのは間違いありません。そしてルウム篇まで映像化が決まったらしいので、MS-05や06などレジェンドなモビルスーツが、最新のアニメーションで観れるのは本当に楽しみです。

    最後にギレンの声優が銀河万丈さんで良かった(笑)。シャアの池田秀一さん同様に、ギレンは彼の声以外に有り得ないですね。

    | 映画・ドラマ・本 | 20:38 | comments(2) | - | - | - |
    某サンガサポーターですw

    観られましたか、THE ORIGIN。
    最近のアニメの出来は素晴らしいですね。
    ルウム戦役のみならず、来年からは一年戦争もアニメ化するみたいですよ。
    まだまだ安彦アニメを楽しめますね。

    あ、味スタ応援、お疲れ様でした。
    よりにもよって負け試合とは…また仕切り直しです。
    | 西京極 紫 | 2016/06/22 10:37 PM |

    某サンガサポーターさま

    コメントありがとうございます。私の本作の感想は結局3行で終わりました(笑)。原作が素晴らしい故に後から発表されるアニメーション作品は色んな意味で注目されてしまう中で、技術は素晴らしいながらも、お芝居のところは私にとっては満点とは言えませんでした。

    でもやっぱり安彦先生の作品です。大河原さんやカトキさんといった超一流のメカデザイナーをブレーンに良質なアニメーション作品を発表されているのは間違いありません。

    貴兄は確かアリオンに惹かれたと仰っていたと記憶していますが、先生はアニメーター出身でキャリアも申し分ないのでしょうが、実はガッツリ漫画家志向なのだなと(笑)。少なくともジ・オリジンを愛読した私はそう思っています。
    | ヨーゼフ | 2016/06/22 11:16 PM |