RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 4/9(土)v 群馬 正田醤油スタジアム群馬 | main | アルドノア・ゼロ(2ndクール) >>
アルドノア・ゼロ(1stクール)
0
    IMG_0595.jpg
    鉄血のオルフェンズに熱狂している最中に、妻からタイトル作品について教えられた。両作品は設定が似ているらしく彼女自身も気になる作品だと言っていた。色々検索してみたら確かに火星人ヒロインと少年兵の主人公、地球対火星の構図など共通点がある。しかしオルフェンズの秀逸さに影響するものではないという期待を持ちながら本作を視聴することにした。オルフェンズの1stシーズン終了からまだ2週間。絶好のタイミングだと思う。

    約3日で12話を一気に視聴した。感想は一言でいえば佳作。ハッキリいって目新しさはない。ただ非常に解りやすくつい引き込まれる魅力はある。製作者側は「王道」を意識していたらしい。そしてファンタスティックである。明らかな戦力差がある敵と(火星>地球)、地球側の主人公の少年が冷静な分析力と判断力を持って、互角以上に戦うなんてのは、大人視点ではついバカバカしいと思ってしまうが、作品によって程度差はあるにせよ、そこは絶対に崩せない聖域。ヒロイン必須なのもそうだろう。少なくとも私の評価はそこではない。

    ちなみにオルフェンズとは全くとはいわないまでも違う作品でした。まあネット上でもパクりとかそんな声はなかったし。妻も似ているらしいと言っただけだし(笑)。今回は冒頭からオルフェンズとの比較みたいになっていることをあらかじめご理解いただきたいのだが、決定的な違いはオルフェンズはとにかく私好みの男臭さがある(笑)。本作はそういう意味ではごく普通。また三日月オーガスとオルガ・イツカに共感出来るものが、界塚伊奈帆とスレイン・トロイヤードには殆ど感じませんでした。

    しかしアニメーションやメカニカルデザイン、キャラクターデザインはレベルがかなり高いと思う。作中でカタフラクトと呼ばれるモビルスーツは本作の方が武骨でカッコいい。演出の良さもあってか、飽きずに最後まで一気に観れた要因だと思う。オルフェンズと並行視聴しようとした「Gレコ」なんて視聴を中断したまま(笑)。本作は全話が既に放送終了しているので、結末もわかっていますが、2ndクールも引き続き観賞したいと思います。またリポートさせてください。

    最後にアニメーションは現在、本作以外は「うしおととら(2ndシーズン)」と「ガンダムUC(RE:0096)」を視聴中です。うしおととらは寄生獣と同様に妻オススメ作品でなかなかの良作。ユニコーンは以前にこのリポートでも紹介しましたが、地上波TV版も一応視聴しています。両作とも気が向いたらリポートします。あっ5月には「ジ・オリジン」のOVA3巻目も発売。これは有償だがとても楽しみな作品。あと子供が視聴している「ベイブレードバースト」と「デュエルマスターズ」も含めると今年はアニメ三昧になりそうです(笑)。
    | 映画・ドラマ・本 | 18:38 | comments(0) | - | - | - |