RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 3/26(土)v 札幌 札幌ドーム | main | 機動戦士ガンダム「鉄血のオルフェンズ」 >>
「GIANT KILLING」39巻
0

    IMG_0587.jpg

    先週発売された最新刊。発売をこれほど待ちわびた事があっただろうか?36巻ぐらいから始まったA代表シリーズがとにかく面白い。ちなみに最近は本誌を見ていません。コミックスだけを楽しみにしています。


    本作ではこれまで、ゲーム以外のエピソードに期待をしていたのですが、28巻の五輪代表エピソードあたりから、ゲームそのものも楽しみになってきました。リアリティこそ欠けますがね。実は案外ベタ好きなのかな?(笑)。大好きなフットボール映画「ドリームゴール」も超ベタなスポ根モノですしね。


    また本作はコミックスの巻末に次巻予告が掲載されているのが特徴なのですが、これがかなり効果的だと思っています。


    「世界に飛び込もう。自らの運命を切り開こう。」


    このセリフが、本巻で代表監督が発したモノだとわかったのですが、普段は「代表なんて興味無い」とかほざいている私が、このセリフに全て持っていかれました。代表とかクラブに関係なく、私の夢抱くフットボール感と言いますか、サポーターとしての指向と完全にシンクロしました。


    最近の本作でのセリフはグッと来るものが多い。30巻での主人公のフットボーラーへの想いを語ったエピソードは、うちの選手に聞かせたいぐらいの名セリフでした。


    暫くは隔月発刊が続くようなので楽しみにしています。今後の展開がどうなるのかは、まだまだわかりませんが、もう椿大介成長譚で構わないのでトコトンまで突っ走って、早くシーズン終了して欲しいです。

    | 漫画 | 06:33 | comments(0) | - | - | - |