RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 博貴引退 | main | 11/23(月・祝)v 水戸 西京極 >>
仮面ライダー・コンプリートその1 6「ドライブ」
0
    IMG_0528.jpg
    もう新シリーズがスタートしていますが、10月まで放送していた「仮面ライダー・ドライブ」のレビューです。

    《人工生命体「ロイミュード」が人類滅亡を目的に、周囲の動きを極端に遅くする「重加速(どんより)」を武器に世界各地を襲撃した。「グローバルフリーズ」と呼ばれるこの事件が原因で、誤って同僚を傷つけてしまった警視庁のエリート刑事「泊進之介」は、それ以降、自責の念にかられ無気力な日々を送っていた。ある時、人工知能を持った「ドライブドライバー」と「シフトカー」を手にすることになり、警察官であるとともに「仮面ライダー・ドライブ」として、人々を守るためにロイミュードに立ち向かう。》

    鎧武で火がついた我が家族が初めてむかえた新シリーズ。当然に放送開始日に同時発売された「DXドライブドライバー」を息子にせがまれ、近所の玩具店では売り切れたために、妻はわざわざ電車に乗って街中のヨーカドーまで出張って買いに行ってました(笑)。

    本作はメインの戦闘車両として初めて車が使われた事が話題になりましたが、私としてはそんなのはどうでもよくて、むしろ本物のヒーローたるべき警察官がライダーになる設定の方に注目していました。過去にはクウガやアギト、近年ではWにて警察との関わりが設定されていましたが、警察官が主役になったのは初めてだったからです。

    しかし内容的には「ロボット三原則モノ」と書けばSFチックで聞こえが良いですが、実際にはこれまでにも増して子供向け販促番組としての色合いが強く、ドラマとしても愛情や友情をテーマの凡庸な作品であり、警察官設定も面白味に欠け、正直に私好みの世界観とは程遠いモノでした。まあスポンサー各社にとってはビッグコンテンツだから仕方がないのですが、それにしてももう少しやり方があるやろ?と思いました。

    肝心な販促も主力のドライブドライバーの売れ行きが、恐らくですが近年の好調ぶりからしたら結果的にはかなり不芳だったと思われます。販売当初を除けば売れ残り感が常にあり、我が家が1万円近くで購入したセットなんかは放送終了後には2000円で投げ売りされていました(笑)。玩具としてはベルト部分にあるLEDと変身音が、腕に着けるシフトブレスに装填するシフトカーに応じて通信によって可変するというハイテクギミックを実装。歴代のベルトの中でもかなり秀逸な部類だと思うのですが、いかんせん各フォームチェンジに必要なシフトカーが単体で楽しむ事が出来ず、そのくせ食玩やガチャで500円もしたので、同価格だった前作のロックシードが爆発的に売れた事と比較しても今回のは明らかに販売戦略ミスだと思います。

    主要キャラクターでは敵ロイミュード「魔進チェイサー」から「仮面ライダー・チェイサー」に寝返ったチェイス(上遠野太洸さん)は注目です。そもそもは三原則通りに人間を守るロイミュード「仮面ライダー・プロトドライブ」だったのが、反逆ロイミュードにプログラムを改竄され敵となり、途中で良心を取り戻し正義になるというドラマチックな役回りを、ジュノンボーイの上遠野さんが魅力的に演じてくれました。今、イチオシの俳優さんです。ライダーデザインも主役のドライブや2号のマッハよりも断然カッコいい。

    主役を演じた竹内涼真さんはね、警察官役としてもヒーローとしても雰囲気のある方なのですが、残念ながら少し華がないんですよね。ちなみに竹内さんは数年前までヴェルディユースだったバリバリのフットボーラーです。本当に仮面ライダーの主役は本格派フットボーラー出身が多い。

    最後に脇役ですが、ロイミュードの手先として暗躍した警視庁捜査一課長・仁良光秀役の飯田基祐さんが最高でした。「花子とアン」で由紀恵ちゃんが演じた白蓮の実兄(伯爵)役と言えば分かる方も多いかな。陰険でやな感じのエリート役がハマるベテラン俳優さんですね。

    次回は来年の今頃に「仮面ライダー・ゴースト」をレビューしたいと思います(笑)。
    | 仮面ライダー・特撮ヒーロー | 18:49 | comments(2) | - | - | - |
    警察官設定が良くなかった、というのには同感です。
    クウガなどでの描き方が良かったか、というとまあ別の話ですが(笑)
    ウルトラ警備隊のように実在しない組織でなく、
    特撮だけでなくドラマや映画で山ほど登場する組織であるならば、
    視聴者の視線は厳しくなり、ある程度の現実味がないと厳しいのかな、
    と思いました。

    うちの子供達はまだ視聴していますがなんとなくそろそろ卒業かな、
    という感じです。
    | Y.T. | 2015/11/26 1:09 AM |

    敢えて書かなかったのですが、ロイミュードの設定やキャスティングに関してはなかなか良かったと思っています。

    特にキャストには相当助けられている面が多いように感じます。色々書きたい事があるのですが、別の機会にします。


    うちの息子は放映途中で脱落しました。ゴーストも今は家族では私しか視聴していません(笑)。

    私はこれからもライダーして行きたいと思っています。



    | ヨーゼフ | 2015/11/26 12:26 PM |