RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 7/4(土)v 岡山 シティライトスタジアム | main | 7/8(水)v 徳島 西京極 >>
山本弘「プロジェクトぴあの」
0
    写真_ed.jpg
    会社の方から薦められたSF小説です。ハードSFですがサイエンスファンタジーともいえる。今から10年後ぐらいの近い未来の東京が舞台。

    SFビギナーの私は、本作はもちろん著者の山本弘氏の事も全く知りませんでしたので先入観も何も全く無しで読めました。ちなみに山本先生は私よりも全然歳上の京都出身者(!)らしく、業界でもかなり高名な作家さんのようです。

    本作を簡潔に表現すれば「アキバ系アイドルの少女が、難解な物理学を解いて宇宙船をこしらえ太陽系外宇宙に旅立つ」というお話。そしてとても純粋で切ないラブストーリーだとも思いました。

    本作のヒロイン「結城ぴあの」は未成年のアイドルにも関わらず、世界トップ(でしょ?)の宇宙工学と天体物理学の知識を持つ現実には有り得ない存在。その彼女の理解者となり、ついには恋してしまった自称「男の娘(ゲイではない)」の「貴尾根すばる」が語り手で物語が進みます。

    私はSF作品や宇宙にこそ興味ありますが、宇宙工学や天体物理学なんて殆ど解りません。作中では難解な専門用語が多く出てきます。普通なら本を閉じてしまいそうですが、本作はそんなの全く気にならない。逆に結城ぴあのの凄さを伝えるのに非常に秀逸かつ効果的な演出になっています。サラッと流しても大枠が理解できる読みやすさがあります。ハードSF的な考証については、仮に甘かろうが大半の読者には解りません(笑)。

    またSFとサブカルチャーが絶妙なバランスで融合しているのも特徴です。10年後の秋葉原は、作中にある近未来な環境に進化してそうなリアリティさを感じました。現実に最近市販されるようになったウエアラブル・デバイスがかなり普及していて拡張現実(AR)なる技術が実用化され、秋葉原のようなサブカルチャーの聖地と上手くコラボレーションした演出が面白い。

    好きなエピソードは、テレビ番組で高名な物理学者が発明した装置のインチキなカラクリを瞬時に見抜き、アイドル風情にも関わらずその物理学者をチンチンにする場面。とてもファンタジックで最高です(笑)。こういう演出が大好きなんです。

    あとこの手の作品にありがちと勝手に思い込んでいたロリコンとかエッチ系な描写は殆どありません。ぴあのからはセックスアピール的なものを殆ど感じない。ハッキリいって萌えません。少なくとも私はネタに出来ません(笑)。アニメにでもなれば違うかも知れませんが。そんな彼女に対するすばるくんの片想いな淡い恋がとても純粋で切なくて、エッチ視点な自分が恥ずかしくなりました。

    あれこれ書きましたがとても面白い作品です。本作をキッカケに山本先生の他作品も読もうと思います。
    | 映画・ドラマ・本 | 07:08 | comments(2) | - | - | - |
    ごぶさたしております、西京極です。

    山本弘さんの本を紹介しておられたので僕からも推薦を。

    僕は特撮、特に怪獣モノが大好きなので、「MM9」三部作をお薦めします。(このコメントのURLで僕の書評にジャンプできます)
    怪獣を自然災害の一種としてモンスター・マグニチュードという単位でその驚異の大きさを表現する世界。
    山本弘さんはその着眼点が素晴らしいです。
    | 西京極 紫 | 2015/07/10 12:28 AM |

    西京極 紫さん

    コメントありがとうございます。

    ご紹介いただいた作品は早速読んでみようと思います。レビューからもかなり興味深いネタです。怪獣ものは得意では無いのですが。

    また色々な作品を紹介してください。

    | ヨーゼフ | 2015/07/10 10:49 PM |