RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 5/24(日)v 水戸 ケーズデンキスタジアム | main | 5/31(日)v 熊本 西京極 >>
仙台サポーターの無期限出入禁止について
0
    詳しい事は知りません。クラブ側のニュースリリースとWEBニュースの情報レベルです。

    正直、このレベルで連帯責任での出禁は厳しいなあと思いました。ただ1カ月ぐらい前から色々厳重注意を受けていたようですね。合わせ技一本でしょう。

    最近はリーグ全体で過去の事例が活用され、かつより厳しい対応になって来ている感じがします。以前にこのリポートでも取り上げた浦和の人種差別バナーや愛媛の讃岐不要ゲーフラも、一昔前なら大きな問題にはならなかったでしょう。今回のなんて特にそうです。

    ただもしサポーターからもNoが突き付けられているのなら受け入れるしかないでしょうね。本件で処分対象となったサポーター達のゴール裏での評価は知りませんが、言えるのは一度失った信頼は挽回するのが容易でないことは、サポーターに限らずどの世界でも同じです。

    当人達がまだスタンドに立ちたいと願っているなら、スタンド復帰には相当なエネルギーを費やす事になるでしょう。運営担当者との交渉は勿論、社長などフロント幹部への謝罪と嘆願にまで漕ぎ着けないと前には進みません。書簡も何度もしたためる必要があるでしょう。またクラブ側が指定したボランティア活動等への協力も必要になると思います。

    そして例え自分達にも言い分があろうが、本気でスタンド復帰したいと思うなら、それらは全て忘れて切り替えるしか私はないと思います。自分達が全面的に悪いのだと何度も言い聞かせて交渉するんです。少しでも主張したら余計に面倒な事になります。

    詳しくは書きませんが、ある事でフロントの機嫌を損ねてしまい、謝罪のアポイントが保留になりました。それから2カ月後の既に降格が決まったシーズン終盤のアウェイ鹿島戦後に、フロントの方々の帰京前に東京駅付近でアポイントが取れてようやく対面で会談出来ました。今でもその時のやり取りを鮮明に覚えています。

    またメンバーの中にはそんな謝罪姿勢を容認出来ない人もいます。何で俺が謝らなアカンねん!とか、俺関係ないやん!もあるかも知れません。最悪の場合、一部の仲間と袂を分かつ事もあるかも知れません。しかしそこは堪えて耐えるしかありません。

    サポーターはスタンドに立ってナンボです。少なくとも私はスタンドに立って闘う事以上の喜びを知りません。

    しんどいとは思いますが、まずは1日も早くスタンドに戻れるよう頑張って欲しいです。そしてまたゲームで闘いたいと切に願っています。
    | フットボール | 22:17 | comments(0) | - | - | - |