RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 敵地視察その4「長崎編」 | main | 黒部選手引退 >>
仮面ライダー・コンプリートその1 4「ウィザード」
0
    写真_ed.jpg
    日曜日に開幕ではありますが、久しぶりの仮面ライダーです。もう14作。昨秋まで放送していた「鎧武」はリポートはまだですが、既に鑑賞済なので平成ライダーのTVシリーズはコンプリートした事になります。約1年要しました。

    今回はタイトル通り「仮面ライダー・ウィザード」です。

    日食の日に強い魔力を持った「ゲート」と呼ばれる人々が何者かによって集められた。そこで「サバト」という人々を絶望させる謎の儀式が執り行われ「ファントム」という怪人にされてしまう。しかし操真晴人とコヨミという少女だけはファントムにならずに生き残る。そんな晴人にはその場に現れた「白い魔法使い」から魔法使いの資格を与えられ「仮面ライダー・ウィザード」となり、仲間を増やそうとするファントムから人々を守るために戦う事になる。

    非常にスマートな仮面ライダーです。晴人役の白石隼也さんも、ウィザードの動きも。前作「フォーゼ」がやけに明るいハチャメチャな作風だったからか、かなり落ち着いた感じがしました。またコヨミを生き返らせる云々は「龍騎」での神崎優衣と同じ設定ですね。だからなのか最近のライダーにしては少し暗めの作風。

    前にも書きましたが「W」以降の作品はドラマとしてもマーケティング的にも非常に洗練されていて、本作もかなりクオリティは高いのですが、正直マンネリな感じもしました。後半作品は概ね放送順に短期集中で鑑賞したので特にそう感じたのかも知れません。また魔法使いをモチーフにした正にファンタジーなのに、変身以外での魔法使いらしさが乏しかったのも残念ですね。

    ライダーデザイン、ガジェットはなかなかオシャレです。特に変身ベルトの意匠はかなりセンスの高い逸品です。オモチャ屋とかでも触ってみましたが、ギミックもかなり凝っています。逆にもう1人のライダー「ビースト」はライダーデザインも変身ベルトもかなり微妙。しかしビーストに変身する仁藤攻介役の永瀬匡さんの変身ポーズはなかなかのもんです。

    俳優陣は男女ともに悪くないです。白石さんなんか今風というかかなりカッコいい方なのですが、故に俳優としてのインパクトに乏しいのが残念です。ファンの方々には申し訳ないのですが、正直いって主役を張るタイプでは無いですね。

    最後に稲森美沙(メデューサ)と稲森真由(仮面ライダー・メイジ)の2役演じた中山絵梨奈さんのメイジ変身ポーズが超可愛い(笑)。あまり登場しないのが本当に残念です。

    次回は鎧武をリポートします。そして日曜日は開幕です。参戦出来ないですが、第3節のアウェイ大宮戦はNack5でお待ちしています。
    | 仮面ライダー・特撮ヒーロー | 12:48 | comments(0) | - | - | - |