RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< バドゥ監督 | main | 仮面ライダー・コンプリートその1 「カブト」 >>
6/21(土)v 熊本 うまかなよかなスタジアム
0
    先週の千葉戦からこの1週間で日本代表が結果を出せず、1試合残して日本中が意気消沈。

    しかしサンガをはじめとするセカンドディヴィジョン以下はそんな事に関係なくリーグは普通に続行している訳で、サンガだけ捉えれば監督が更迭され、アウェイ熊本戦は正に期待と不安が一緒になって迎えたゲームだったと思います。もはや日本代表なんぞ眼中にもありません(笑)。

    結果はご存知の通り。これまで起用されなかった両ウィングの活躍もあり、決して水戸や群馬、岐阜などには劣らない熊本相手にアウェイにて大量得点で勝てました。素直に森下代行の采配を評価しましょう。そして改めてうちの選手層の厚さを再認識出来ました。

    また印象的だったのは、初スタメンだった田村くんと磐瀬くんは明暗分かれた事。磐瀬くんは序盤のミドルシュートが間違って入ってれば面白かったですけどね(笑)。それにしても足がツっての交代は理由はどうあれカッコ悪いですね。田村くんは良いデビュー戦だったでしょう。貴重な左ウィングです。次節も恐らく起用されるでしょう。

    出戻り伊藤くんも、いつぞやのアウェイ草津戦を彷彿させるキレの良さでした。この子は少し波がありますが、相手ディフェンスからすればいやなフットボーラーだと思います。スタメンより途中からの方が面白いかも?

    これらの選手層を持って優勝争いが出来ていないのは、やはりクラブ全体に何らかの問題があるとしか思えません。間違っても前監督だけの責任ではありません。今回は快勝出来ましたが、根本的な解決が出来ていない可能性がある以上、次につまずいた時にどう修正するのかがかなり不安です。
    | 京都サンガ | 06:45 | comments(0) | - | - | - |