RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 9/8(日)天皇杯2回戦 v 佐川印刷 西京極 | main | 9/15(日)v 千葉 フクダ電子アリーナ >>
サポ連事務局からの報告などなど
0
    某巨大掲示板群の応援スレで監督へのインタビューみたいなものが貼り付けられているのを見ました。初めは何の事か全くわからなかったのですが、先日事務局長他数名がクラブと会談を行い、サポ連ページに掲載した報告内容だった事がわかりました。

    そういえば少し前にも某サポーターチームさんのブログでこの会談について触れられていましたね。

    詳細を知らない前提で書かせて貰うと、まず応援活動の活性化が目的の行動ならば、また彼らをサポーター代表である事を認知しているならば、内容に関わらず彼らを信頼して任せれば良いと思っています。つまり今回の会談については実施告知、内容報告の必要有無は彼らの判断で決めれば良いこと。

    ただサポ連ホームページに掲載された一連の報告内容では確かに応援スレにも書かれていたようにお粗末としか言いようがありません。あんな内容をサポーターの誰一人求めていませんから。もしかしたらサポ連ミーティングレベルでは詳細に報告されたのかも知れませんが、僅かなサポーターしか参加しない場での報告だけでは不十分です。コミュニケーション能力の問題ですね。

    あんな内容の報告しか出来ないなら初めから会談した事も含めてオープンにしない方が良かったと思います。もしかしたらクラブから制限が入りあの内容レベルになったのかも知れませんが、もしそんな制限を入れる必要がある事を代表とはいえサポーターに話したのなら、それはクラブ側に問題あります。

    また会談を申し出れるようなサポ連事務局のメンバーが、サポーターの合意なくその立場を利用して勝手な行動と批判的な意見もありました。

    しかしそれには違和感があります。先にも書きましたが彼らをサポーター代表だと認知しているのならば、代表としての行動にとやかく言うのは筋が違います。

    ただ認知していないのならば話は別です。でもだったら我がが彼らと同じような活動をしてサポ連事務局と同等の対応をクラブに求めるなり、我がが事務局長になるなり行動しないと駄目ですね。

    少なくとも彼らは多くのサポーターの中でもアクティブに活動されてきたサポーターです。サポーターを牽引する自負もお持ちでしょう。サポ連批判はわからなくも無いですが、今回の件は少し嫉妬みたいなレベルで私には違和感がありました。別に彼らを擁護するつもりもありません。ミスリードしているのも事実ですから。

    最後に一言。サポ連はサポーターのより良い応援活動の推進の為に存在しています。事務局はそのまとめ役、委員会は実行部隊です。そこを認識しないと駄目です。

    この件で何かあれば遠慮なくご意見下さい。但しお話にならない中傷レベルのコメントは勘弁して下さい(笑)。
    | 京都サンガ | 07:56 | comments(0) | - | - | - |