RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 「GIANT KILLING」28巻 | main | 8/21(水)v 岡山 西京極 >>
8/21付 日本経済新聞「フットボールの熱源」
0
    タイトルは日経スポーツ面に掲載されているコラムです。吉田誠一さん(恐らく日経記者)による毎週連載。毎回質の高い記事を書いておられます。

    今回は少し前にサンガサポーターのブログ等でも話題にされたJリーグチャンピオンシップ復活、いわゆるポストシーズンマッチに関する内容でした。詳しくは記事を読んで下さい。

    私も大半のサポーターと同じで今のレギュレーション維持に賛成です。ていうか基本的にはこれが国際基準であり、殆どの国のフットボールリーグが導入し、フットボールリーグの歴史を作ってきたのだと思います。とても単純でフェアなリーグレギュレーションではないでしょうか。

    話は逸れますが、私は日本の地理的環境を考慮しても「秋春制」賛成派です。勿論ウィンターブレイクは検討でしょう。とにかくグローバルなフットボールカレンダーに準じていかないと国際大会の調整や移籍の面等で余計な対応を続ける事になる。また久保くんや松井選手のようにシーズン途中に持っていかれたりもします。開幕月は8月で良い。これなら夏休みの子供の動員は担保出来るし開幕イベントも組みやすい。

    しかしね、今回のポストシーズン制の議論を私は批判は出来ないです。リーグ運営を考えたら過去に実施したチャンピオンシップで得られた収入は大きな魅力。また国際基準ありきだけの保守的な思考ではリーグが打ち出そうとしている「成長戦略」を見出だす事が難しいと思うからです。秋春制を含めて安易には決定して欲しくないですが、時間が掛かっても構わないからじっくり議論をして貰いたい。

    例えばですがイングランドに次いで歴史のあるスコットランドのフットボールリーグでは、90年代終わりに創設のスコティッシュプレミアリーグにてスプリットシステムを採用しました。フットサルのアマチュア大会とかで良く採用されるレギュレーションです。詳しい経緯は知りませんが、イングランドほど規模の大きくない中でよりコンペティティヴなリーグを目指した結果なのだと思いますし、長く歴史あるレギュレーションを変えたのは大英断だったかも知れません。

    私はスコットランドと同じように、日本のフットボールにとって何が魅力的で一番良いのかを第一にかつ柔軟な姿勢にて検討して貰えればと思います。吉田記者もそういう事をおっしゃりたいのだと勝手に思っています。

    でもね普通に考えたら今のレギュレーションに秋春制が最良だと判断出来ると思うのですがね(笑)。またリーグカップもJ全クラブのノックアウト方式復活を望みます。

    何てったって私は基本的にイングランド信奉者ですから(笑)。
    | フットボール | 18:58 | comments(0) | - | - | - |