RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< サポーターのすみわけについて 他 | main | NHK連続テレビ小説「あまちゃん」 >>
6/9(日)v 熊本 うまかなよかなスタジアム(爆笑)
0
    ライブで観ました。リポートも久しぶりにまあ最速(笑)。しかしまあ殆どの時間でとてもセカンドディヴィジョンのチームといえない最低のフットボール。

    所謂「大木フットボール」どころか、サードディヴィジョンの上位クラスでもあんなフットボールしないでしょ?柔軟性があるのじゃない。コンディションの良し悪しはあるにせよ、今日のチームがあのレベルなんだと少しゾッとしました。主力を3枚欠いているとはいえね(苦笑)。

    しかしこんなので勝ってしまうのもフットボールの面白さ。久保くんは運も良かったと思いますが、今は調子が上がってきていますね。勿論、ハットトリックは立派です。

    テレビ観戦では勝ったのにも微妙な感じがありますが、参戦したサポーターには関係ないでしょう。素直に喜んで貰えたらと思います。遠くに参戦、本当にお疲れ様でした。

    さて掲示板の書き込みだけでなく、色んな方面からウルトラスがリードから引いたとか聞いています。まあ今シーズン初めから新しいコールリードの方が立っていたりと昨シーズンから変化していますから、コールリードの変更にはよほど酷い事さえなければもう免疫はありますから特に何もありません。まあ立つ当事者には高揚感はあるでしょうけどね。

    私としては誰がリードを担おうが、まずは応援をリードする自負を持って活動される方々が一体何を目指されるのか?そしてサンガサポーターの求める応援スタイルの最大公約数を見つけて、まずホームにおいては少なくとも北スタンドにて如何にして応援パワーを表現出来るのかを評価したいと思っています。

    少なくとも、昨シーズン最終節とプレーオフの北スタンドを見る限りでは全く評価出来ませんから、次回参戦時に少しは実感出来る何かを期待したいですね。すぐには難しいかも知れませんがね。そしてこれらは別にサポーターチーム単位だけに求めるものではなく「応援リードを自負しているサポーター」全員の責務だと思って貰いたいです。

    ちなみにね、開幕のガンバ戦とかはスタンドは最高でした。あれはひとまずの理想型です。ただリードを担っていた方々の功績とは言えない。リードが良かったなあと思えたのは天皇杯のアウェイ磐田戦ですかね?

    このリポートでも再三書いていますが、自分が認めない応援は例え誰が立とうが何をしようが私は合わせるつもりは一切ありません。そしてそういうスタンスはコアゾーンから距離を置いているサポーターも同様なのだと思える冷静さや分析力がないと、恐らく何も変わらないと思ってよいですね。

    当然、コアが自分達だけで楽しむ応援を目的に、応援歌を選曲してドナり入れる活動を行っているのだと割り切る事もそれはそれでアリかも知れません。これまではそれに近かったと思います。勿論、責任を追う義務なんてありませんが、せめてコアには理解のある(笑)私ぐらいは少しは納得させられる応援活動を展開出来ないと、とても北スタンド両翼のサポーターは見向きすらしないと思います。

    少し厳しく書きましたが、気持ちは今も超ハードコア!実際は家族連れの地蔵レベルなオッサンサポーターの小さなブログでの戯言です(笑)。まあ大半の方は気にもされないでしょう。そもそもブログ自体見てないかも?暇があれば見てくださいね。

    いずれにせよこれからも参戦したときはお互い頑張りましょう。
    | 京都サンガ | 22:21 | comments(0) | - | - | - |