RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 5/3(金・祝)v 札幌 札幌ドーム | main | サー・アレックス・ファーガソン >>
5/6(月・祝)v 松本 西京極
0
    札幌戦よりは面白かったですが、あれで勝てないのならリザルト面でも色々難しいシーズンになるかも知れませんね。まあGW最終日のナイトゲームとはいえあの動員ではとにかく話にならない。前に書きましたがそれだけで優勝・昇格を目指すクラブに値しないです。

    うちは博貴や宮吉くん、原くんといった主力を欠いているんですよね。それであのフットボールならばそこそこ選手層は厚いでしょうが、それにしても怪我人が多すぎます。

    動員数の割には応援はそこそこ声が出ていたようにテレビ中継からは感じました。ただ松本もかなり声が出ていましたね。中継の音声では松本側の方が大きかったかも知れません。

    各サポーターのブログなどを拝見していると当たり前ですが結構憤ってますね。優勝・昇格を強く意識していればこの敗戦は痛いので気持ちはわかりますが、今こそ結果に関わらずシーズン通じてモチベーションを維持出来る事をもっともっと前向きに考えて貰いたいです。

    やはり結果に関係なくゲーム後は仲間と食事したりが良いのですかね?

    妙案とかではありませんが、私がゲーム終了後すぐにスタンドを後にするのは、日時によっては早く帰らないといけないのもありますが、それ以上に次へのモチベーションを維持しておきたいからです。負けた時は特にそうですね。

    少なくともこの松本戦の結果だとフル参戦していたND時代ならば超ボロカスだったでしょう。今でもサポーターの選手挨拶に対するリアクションが厳しい対応になること自体が間違っているとは思いませんし、私は次のゲームでは比較的切り替えが出来る方でしたので、ボロカス言った後でもあまり気にしていませんでした。しかし選手・スタッフはもちろん、同じサンガサポーターまでもがそういう訳にはいかないことが出禁後に良く分かりました。

    しかしだからといってサポーターとしてのポリシーを曲げたくはありません。だったらその場から立ち去っておけば良いという単純な考えです。情けない面して義務で挨拶に来られたら今でもムカつきますからね(笑)。

    じゃあ勝った時は喜びを共有しても構わないといわれそうですが、都合よく勝った時だけそんな訳にはいきません。これもサポーターを続ける上でのポリシーです。それにアウェイであんまり調子に乗ってると敵サポーターに囲まれますよ(笑)。

    まあサポーターのスタンスやポリシーにとやかくいうつもりはありませんが、今は参戦したいと思う気持ち、モチベーションを維持することが大切だと思います。私は次に参戦予定の山形戦が非常に楽しみです。宮吉くんにスタートから出て欲しいです。
    | 京都サンガ | 07:50 | comments(2) | - | - | - |
    松本戦後、大きな声で監督に慰労と別れの言葉を告げていた(平たく言えば、お辞めください、と。)ら、後方から「イヤやったら来ぇへんかったらエエねん♀」との声がぶつけられた。振り返ると、お育ちの悪そうな中年夫婦。そのままいるとそちらに向かって行きそうだったし、気分も最悪ゆえ、その場でサッと退場しました。
    正直、あの体たらくでも拍手できる人は、適切な医師にかかるべきだと思いますが、それはさておき、試合後には自由に気持ちをぶつけさせて欲しいものです。
    そして、火曜日にはもうサンガから少し距離を置こうと誓ったのに、木曜日にはもう「日曜業務都合で不参戦だが、なんとか後半だけでも行けないだろうか」と考えてしまっていた私がいました。私も医師にかからねば!?
    | 坂本 竜太 | 2013/05/11 10:44 AM |

    和尚

    コメントありがとうです。
    まだまだフィーバーピッチされてますね。

    ゲームの反応なんか人それぞれですから、これからも存分にかまして下さい。それに対して文句言う人がいたら無視して、それでも何かあればクラブに言って出禁に持っていって下さい(笑)。
    | ヨーゼフ | 2013/05/11 5:21 PM |