RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< 4/7(日)v 岐阜 長良川陸上競技場 | main | 4/14(日)v 横浜FC 西京極 >>
伊藤計劃「ハーモニー」
0
    前にSF映画について書いた事がありますが今回は小説ネタです。タイトルは4年前ぐらいに発表された作品。

    伊藤計劃(ケイカク)氏については2年ぐらい前にうちのサポーターの方に教えていただきました。ちなみにその方はあるSF小説に登場する人工知能の名前をハンドルネームにされている程のSF通です(笑)。

    この作品、メディアミックスでの展開を意識していたのではと思う程に登場する女性キャラクターがとてもアニメ的に感じました。またクライマックなんて「人類補完計画!?」と思ったのは私だけではないと思います。

    何らかの形で人が管理されるテーマのSF作品は、私も何作か観たり読んだりした事はありますが、こういうネタを作品に出来る人間がいるということは、現実社会でも同じような事を考える人間が出てきても不思議じゃないと思うのです。政治家であれ研究者であれね。

    事実、山中教授のiPS細胞なんて正に近未来でしょ?10年前にこの発見を庶民レベルでは空想こそ出来たにせよ現実になるとは予測出来た人がいるのでしょうか?今のスマートフォンを始めとする携帯端末にしても同様です。大半の人は今の状況を予想しなかったと思いますね。

    技術の進化に伴って不可能と思われていた事が現実のモノになっていく。そういったのをテーマしていると思われる本作品を始め、あるサンガサポーターがご自身のブログでレビューしていた「華氏451」や「ソイレントグリーン」のようなフィクションの世界が、もし現実に近づいているのであれば、私も本作品の主人公の1人「御冷ミャハ」の気持ちを理解出来なくはありません。

    この作品にて私は初めて電子書籍を購入し閲読しました。ちなみにデバイスはipodです。今でも印刷物への愛着は捨てれませんが、ipodでの閲読のしやすさ便利さには驚きを隠せませんね。技術の進化をポジティブに捉える事も必要だと思います。

    同じ電子書籍で購入した「華氏451」と「アンドロイドは電子羊の夢を見るか?」を閲読したいと思うまだまだビギナーSFファンの戯言でした(笑)。
    | 映画・ドラマ・本 | 22:30 | comments(0) | - | - | - |