RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
<< まずはあけましておめでとうございます | main | サンガサポーターの集いについて >>
天城越え
0
    320px-Amagi-tunnel-Izucity-side.jpg
    正月休みの終盤に伊豆・箱根に小旅行に行って来ました。

    箱根から伊豆スカイラインで目的地の伊東に到着した時にふと「天城越え」を思いつき、急遽東伊豆側の国道135号で一旦下田方面に南下して、国道414号で修善寺方面に北上するルートにて天城越えに向かいました。

    このルート、20年以上前にも使った事があります。しかし天城越えについては新天城トンネルを使ったので、小説「伊豆の踊り子」や「天城越え」で有名な旧天城トンネルは今回が初めてとなりました。

    旧道にあるのでクネクネの細い道かつ未舗装を走ります。どうも旧天城トンネルが重文に指定されてからワザワザ舗装を剥がしたそうです。未舗装だと秘境感が強まったというか少々恐かったです。

    そしてトンネルに着いて、まず私だけ降りて少し周囲を散策したのですが、画像通り石積で作られたまあまあ重厚な構造物でした。また結構長いトンネルのようで、昼間でしたから修善寺側の出口は確認出来ましたが、トンネル内の照明はガス灯チックな暗いのがポツポツとあるだけ。マジで夜はかなりヤバい雰囲気だろうなあと思ったら・・・

    後で知りましたが、どうも相当有名な心霊スポットらしいです。

    まあとはいえ今回訪れたのは昼間でしたし、多少なりとも観光客もいてトンネルを歩く人もいたので、せっかくだからトンネル付近で記念撮影もしようと思い、妻が娘を抱っこして車を降りた瞬間に、息子が絶対に降りないと泣き叫びよったのです。

    いつもなら機嫌の良し悪しに関係なく車外に出たがるのに、この時は相当抵抗されましたので、仕方なしに撮影は諦めてトンネルを抜けてこの場を離れました。

    しばらく走ってたら息子が「トンネル、お化け見た」と言い出したのです。適当な事言ってるのかな?と思いながらもついネットで調べたら、この時に心霊スポットである事を知ったのです。

    しかしまだ半信半疑ながら息子に色々質問してみました。アニメレベルのお化けの存在ぐらいはもう認識しているだろうと妻も言うので、具体的な容姿や人数などを聞いたら、「白い姿の女性が3人で笑っていた」と聞かさせ、妻と私はゾクッとしていまいました。4歳になったばかりの幼児にしては、結構具体的に伝えてくれたのに加え、車から降りずに泣き叫んだ状況からもマジで見たのかも知れないと思うようになりました。

    一つ疑問もあります。昨年も遠征やら旅行やらで色んなところに行きましたが、今まで幽霊について言った事は無かったです。

    単なる錯覚なのか?それとも今回は息子に見えるだけの強い霊気だったのか?これからの遠征や旅行で怖そうな場所に出くわしたら必ず聞いてやろうと思います。

    最後に息子が帰宅後に見た幽霊の絵を書いてくれました。幼児レベルなので可愛らしいのですが、白く足の無い正にステレオタイプな幽霊でした。やっぱり見たのかなあ?

    ※画像はWikipediaから拝借
    | 一般 | 21:03 | comments(0) | - | - | - |