RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
敵地視察その10「秋田編3」
0

    最近、ヤケに視察している秋田。駅近くにある自販機です。超神ネイガーなるご当地ヒーロー(笑)。

     

    クウガと響鬼を足した感じかなあ?

     

     

    海を、山を、秋田を守る!!

    らしいです(笑)。

     

    | 一般 | 16:57 | comments(0) | - | - | - |
    敵地視察その9「北九州編2」
    0

      以前にリポートした北九州。北九州銀行もセカンド復帰を応援しています。これはステッカーキャンペーンですが、山口銀行同様に昇格したら定期預金の利率が加算されるらしいです。地元企業は本気です。

       

      まあ頑張ってください(笑)。

      | 一般 | 21:52 | comments(0) | - | - | - |
      敵地視察その8「山口編」
      0

        山口銀行も応援しているようです。自動昇格なら定期預金の利率に0.1%加算されるらしいのですが、結構凄いらしいです。ちなみにプレーオフ進出で0.05%。

         

        頑張ってください(笑)。

         

         

        | 一般 | 21:47 | comments(0) | - | - | - |
        3/15(水)AM11時 羽田空港第1ターミナルにて
        0

          敵地から飛行機で羽田に戻り、到着ゲートを出るとマスコミ各社が只ならぬ雰囲気で集まっていた。見るからに報道スタッフ。芸能やスポーツ関連ではない。しばらくしたら警察や警備員までスタンバイ。

           

          誰を待ち構えているのだろう?と思い超野次馬で報道陣と一緒にゲート前に待機(笑)。11時過ぎになって突如CXのリポーターが「森友学園の籠池理事長が羽田空港に〜」とナレーションを入れた瞬間、籠池氏が到着ゲートに現れた!既に在阪局の報道も張り付いている。到着ゲートを出た瞬間、各社のリポーターとカメラが籠池氏周りを取り囲むといった良くニュースで見る状況を目の当たりにした。ENGカメラはぶつかり合い、リポーター同士は押し競饅頭。リアルに見るとかなり激しい。今、1番国内を騒がせている方ですからね。なかなかの緊張感。

           

          しかしそれだけなら、私がリポートするネタにはしません。何故書きたくなったかと言えば、凄まじい報道陣の攻勢を前に無言を貫く籠池氏の隣に居たひときわ背の高い男性が「コラー!警察!何やっとんじゃー!ちゃんと(籠池理事長を)守らんかいー!」とわめき散らしていたから(笑)。聞くとどうも息子らしい。何時ぞやの記者会見時に隣にいた人。

           

          あー、籠池家はもう終わりましたね。報道陣を前にあのヤカラぶりでは話になりません。上西小百合衆議院議員の公設秘書を思い出しましたよ。仮にも教育者の息子でしょ?あれでは誰も擁護しないわ。私自身、森友学園問題には何の興味はなかったのですが、あの息子を見て一気に興味の対象になりました(笑)。

           

          そして関西弁の評判がまた悪化した瞬間でした。ホンマ勘弁して欲しい。

          | 一般 | 08:08 | comments(0) | - | - | - |
          敵地視察その7「秋田編2」
          0

             

            秋田県のイメージUP施策の壁面サインです。設置場所は秋田駅。

             

            高質な田舎って(笑)。

            | 一般 | 23:38 | comments(0) | - | - | - |
            敵地視察その6「新潟編」
            0

              最近、月1回視察している新潟。リーグ開幕したら新潟駅の万代口側の通路に、ウチとは何かと因縁めいた敵チーム(長らくカテゴリー違うけどね)、アルビレックス新潟のB2ポスターが4枚連貼りされとりました。それだけなら軽くスルーするところですが、よーく見ると・・・

              1枚目。落書き?それとも仕込み?まあ気合い入っとりますな。続いて2枚目、

              らしいです。右下にはさりげなく「勝ち点3」と切実な願いが(笑)

              3枚目。キショーとはサンガサポーターが大好きな矢野選手ですね。彼って右ウイングでしたっけ?

              最後4枚目。ご丁寧にビッグスワンの方向を示してくれてます。そしてお決まりの「No Life」。

               

              私はこういうのは、例え自己満足と言われようが大好きです。今のウチのサポーターに足らない部分かも知れませんね。

              | 一般 | 12:17 | comments(0) | - | - | - |
              【長文独り言】ベイブレードバーストへの決意
              0

                息子が今年に入って毎週末参戦しているベイブレードバーストの公式大会。そのサポートを夫婦共々ガチで取り組んでいます。

                出会いはちょうど昨年の今頃。上野駅前のオモチャ屋さんのデモンストレーション。息子は既にコロコロの連載漫画で認知しており、既に誕生日かクリスマスのプレゼントに欲しいと妻にねだっていたようだ。実際に息子の手に渡り、一緒にベイを回した感想は、子供と一緒に遊べる良く出来た玩具であること。しかしアタックやらバランスなんて良くわからない。売ってる商品ならば何でもエエんちゃう?ぐらいにしか思わなかった。

                その年末に「大会があるから行かない?」と妻から言われて初参戦した。当時はまだ参戦人数も少なく大人も混ざって参加出来た。何回か参戦しているうちにとんでもなく強い子達を目の当たりにした。特に高学年らしい子は聞けば全国大会で優勝する程の実力者。

                何であんなに強い?

                正直良くわからなかった。でもベイのシュートに明らかな違いがある。その子は力任せにシュートしていない。ベイの組み合わせにもヒントがあるのでは?と感じて以降、その子達の使用していたベイを意識するようになった。

                その間にとても大きな出会いがあった。同じ県内に住む4月に6年生になった男の子とお父さん。男の子は前世代からの経験者でかなり強い。そして何故か初心者の我が家と専用端末「ベイロガー」を使ったフレンド登録をしてくれた。ブレーダーネームが何故かガンダム由来(笑)。そして服装が親子で某フットボールブランド浦和版(要するに敵サポ!)。

                私の嗜好にドンピシャで一気に距離が縮まった。そのご家族とは今も緊密にお付き合いさせていただけている(サポーターとしては敵!)。息子にとっても私にとってもかけがえのない兄貴的存在。ちなみにこのご家族はバーストが始まって結成した新興のベイブレードチームに所属し、老舗のチームを脅かす程の有力チームに成長している。

                彼らとの出会いから、我が家のベイライフが充実してきた。少しづつではあるがショップ大会では結果が出せるようになった。彼等と肩を並べられるレベルになりたいなぁと漠然と思いながら、徐々に今後の活動方針を考えるようになった。

                決定的だったのは10月に開催された大型大会(グレード2)。懇意の男の子が決勝ステージに上がった反面、息子は1コケ。6月にあったグレード1大会でのベスト16が如何に幸運だったのかを思い知らされた。お友達の活躍は素直に嬉しかったが、それ以上に悔しさが強く残った。

                今のままで果たして成長出来るのか?チームとかに所属したほうが良いのだろうか?

                我が家と同じような無所属のブレーダーが老舗チームに加入したりする中で、そもそも相手にして貰えるかどうかは抜きに、我が家も強豪チーム加入を検討した。もし加入するなら兄貴分の所属するチームだったらエエよなぁとかね。しかしその判断は息子に委ねるべきであり、その本人は自分がトップのチームを作るとか言い出す始末(笑)。

                もう1つ、これは恐らく妻も危惧しているかも知れないが、私はかつてサンガサポーターチームを主宰し、結果として活動を継続出来なかった人間だ。チーム運営することの難しさ、特に良好な人間関係の維持にはハッキリ言ってもう自信がない。妻も不安があるだろう。サンガサポーターならご存知の好き勝手なヤツです(笑)。主宰じゃなければさほど面倒はないとも思うが、チームに所属する以上は、何かしらのルールが存在し、それに縛られることについては私以上に妻も警戒心が高い。

                よってチーム所属は今のところ考えていない。排除するつもりもないが、恐らく無所属のまま活動することになるでしょう。

                ベイの大会で常に勝つには様々な知識やスキルが必要だ。チームに所属して得られるであろうノウハウは魅力だが、まずは家族でやれることからガチで臨むと腹を括った。

                現在、息子はひたすらシュートの練習。相手は妻。私が相手では嫌がります。ガチで行くから負けるのがオモロないのかな?強い相手とやらなアカンと思うんやけどね。ひたすらとか言いながら実はすぐに飽きるし(苦笑)

                私はベイの最良な組み合わせを見つける。特に持久系ベイは同じパーツでも個体差があるから、より良く回るベイを見つけるには時間はもちろん多少の経済力も必要。そして何より分析力。もはや子供のオモチャではありません。ミニ四駆とかと同じ感じですかね?ガチなのはみんな大人(笑)

                当座の目標は来年に開催される各種大型大会での決勝進出。決勝ステージに息子を上げてやりたいのです。最終目標は当然ながらグレード1の優勝。超難関です。

                我が家がこれまで費やして来たものを暫くは全てベイに集中させます。つまり来シーズン以降のサンガ関東アウェイゲームは、参加すべきベイの大会と重なればそちらを優先します。よって参戦数は今シーズンより減るかも知れない。ベイ大会が開催される間、または息子が闘い続ける限りは、暫くサンガは2番手。器用に両立なんて出来ないんです。

                これからプレーオフがあります。参戦されるサポーターは思う存分に楽しんでください。

                来シーズンのカテゴリーが変わることを期待しながらも、結果どちらになっても我が家のサンガへの想いは不変です。数年後にはまた遠征三昧を楽しむかも知れないですからね。

                最後にリポートは中継観戦が大半にはなりますが、これまで通り書きたいとは思います。

                引き続き宜しくお願い致します。

                | 一般 | 07:59 | comments(0) | - | - | - |
                敵地視察その5 「秋田編」
                0

                  2016102515580000.jpg
                  久しぶりの敵地視察。近い将来、敵地となる可能性がある秋田を視察して来ました。画像はありませんが、現在サードのブラウブリッツ秋田とBリーグのノーザンハッピネスかな?商店街に吊り下げ幕で応援していました。

                  昨日夜に秋田駅に到着して、飯を食った店が画像のラーメン屋。県内でもそこそこ有名なブランドで、県内だけでなく東北の主要都市、東京の高田馬場にも展開しているチェーンです。

                  スープは動物系。白濁な豚骨ではない。チャーハンやラーメンスープの醤油色が何か見覚えがあるなぁ〜と思っていたら、店内のこの店の歴史を記したプレートに「当店のルーツはたかばしの新福菜館」と書いてあるではないか!

                   

                  何故かちょっぴり嬉しくなりました。だって京都のラーメン好きはたかばしの2店は必ず経験していますし、私は京都在住時代はヘビーユーザーでしたからね。

                  味についてはまあ美味しいかな?、もし秋田に行かれる機会があれば一度試してください。

                  | 一般 | 16:02 | comments(0) | - | - | - |
                  ベイブレードバーストに夢中!
                  0

                    IMG_0618_ed.jpg
                    親バカリポートです。

                    以前にゲームリポート等でも少し触れさせていただきましたが、今、息子がハマッているベーゴマ型玩具「ベイブレードバースト」。20年近く前に第一世代が発売され、バーストは昨年7月に発売された第三世代目。4月にはアニメ放映も開始された人気急上昇中の玩具です。

                    息子へのクリスマスプレゼントから、キャリアとしてはまだ7カ月ですが、今はすっかりイッパシのベイブレーダー気取り(笑)。我が家でも首都圏の各ショップで開催される大会や体験会への参加をバックアップしています。まあサンガに参戦出来ない鬱憤を晴らすといいますか、実は私も妻も息子の練習相手をしながら楽しんでおり、息子が出場する大会の結果に一喜一憂しとります(笑)。何より本人が楽しいようです。付き合わされる娘は少々気の毒ですが。

                    6月26日の日曜日に幕張メッセで「次世代ワールドホビーフェア(WHF)」なる玩具の大型イベントがあり、メーカーであるタカラトミーさんの出展ブースにて、ベイブレードバーストの全国大会が開催され息子も出場しました。

                    土曜日からの2日開催でかつ午前と午後で計4回、延べ4800人ぐらいの小学生が参加するであろう規模で、ベイブレードでもグレード1(G1)と呼ばれる一番格式が高い大会。全国からトップブレーダーが集まります。うちの息子は2日目の午前の大会に出場。約1200人から決勝進出8人に入る為には6回勝つ必要があり(6次予選まで突破)、1次と2次予選は3人対戦のバトルロワイヤルで運にも左右される難しい状況。

                    しかし我が息子は、中高学年のお兄ちゃん達を上手くかわして6次予選(ベスト16)まで進めました。最後は高学年らしき強者ブレーダーのお兄ちゃんに負けてしまいました。

                    でも1200人の中からベスト16に入るには、玩具とはいえそれなりの実力も必要で、チーム単位で積極活動している強者ブレーダーも居ますから、年末からキャリアをスタートさせた低学年かつチーム無所属の息子にとっては上々の結果に思います(画像は6次進出を示すステッカーを生意気にも自撮りしたもの。シャツは各ブレーダーチームに対抗して家族全員で着用可能なND黒シャツ/笑)。

                    先々週のアウェイヴェルディ戦前に参加した八王子のショップ大会でも、セミファイナルで強者ブレーダーを退けてファイナリストになり、かつファイナルでは愛用ベイである持久型を封印し、誰もが想定すらしなかった超攻撃ベイで臨むといった、私好みのファンタスティックな演出までやってのけるほどの図太さがあります。さすがに結果は持久負けしましたが(笑)。

                    ベイブレードについては詳しくは触れませんが、本当に良く出来た玩具です。そして何より大会参加を通じて知らない街の小学生ブレーダーやその親御さんとコミュニケーションが図れるのは、フットボールサポーターをやっているのと同じ刺激が得られます。

                    今回の結果で息子は「次のWHFでは決勝進出!」と息巻いていますが、玩具の大会とはいえ実際はそんな甘いモノではありません。しかし練習をしっかりやれば誰でもそこそこ強くなれますし、後は親のサポートだと思っていますので、飽きるまでは付き合おうと思います。またリポートさせてください。

                    最後にスタジアムで息子を見掛けた時は「ベイブレード頑張って」と声を掛けてやってください。喜びますので。

                    | 一般 | 12:22 | comments(0) | - | - | - |
                    あけましておめでとうございます
                    0
                      昨シーズンはありがとうございました。
                      今シーズンも宜しくお願い致します。

                      サンガの新体制など書きたいことはいっぱいありますが、またゆっくり書きたいと思います。

                      明日は大宮の氷川神社に初詣に行く予定です。
                      | 一般 | 18:22 | comments(0) | - | - | - |