RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
デイヴィット・ボウイ
0
    ここ最近、偶然にも我が家のカーステレオではボウイのシングルベストが流しっぱなしでした。

    初期ナンバーの多いDisk1を聞きたいのに、うちの息子はDisk2に収録の「ヒーローズ」が気に入ったらしく、なかなか「スペースオディティ」や「スターマン」を聞かせて貰えない。よってリアルタイムに聞いたアルバム「レッツダンス」収録曲や、ミック・ジャガーとの共演作「ダンシング・イン・ザ・ストリート」なんて全く聞きたくもない懐メロをこの年末年始に何度も聞くはめになってしまいました。

    クリスマス前後ぐらいにBSで「戦場のメリークリスマス」をやっていました。たまたまチャンネル合わしたらやっていたので暫くそのままにしていたら最後まで観入ってしまった。30年以上ぶりの鑑賞だったのだが、かなり素晴らしい作品であることを再認識しました。俳優としてのボウイがどうかなんてわからない。でも英国軍人セリアズ少佐役は当初キャスティング予定だったアメリカ人ハリウッドスターより適任だったのは間違いないと思います。

    我々の世代は、先述の「レッツダンス」の大ヒットで、かつデュラン・デュランと同様にナイル・ロジャース的サウンドのイメージが強く(決して批判ではない)、当時、ボウイに対しては「歌える・演じる中年エンターテイナー」ぐらいにしか思っていませんでした。実は相当に優れたミュージシャンであることを知るのは少し後のことです。

    1980年代半ば、新京極三条にあった十字屋の輸入盤専門店で(ここは当時かなりコアな作品をいち早く置いていた)、ゴシック系バンド「バウハウス」のシングルベストを買った。収録曲「ジキースターダスト」をボウイのカバーと知り、ボウイのオリジナルと出会うキッカケになりました。それから彼がグラムロックの代表的ミュージシャンの1人だったことを知り、Tレックスとの出会いに繋がります。

    敬愛するルー・リードの名作「トランスフォーマ」は、ボウイと初期のブレーンだったミック・ロンソンがプロデューサーとして参画した作品。リードらしさを決定付けました。こういうところからも私に影響を与えています。

    決して熱狂的なファンだった訳ではありませんが、音楽に接する上で、外すことの出来ないミュージシャンだったのは間違いありません。時代に合わせた柔軟に対応出来る優秀なミュージシャンでもあります。20年ぐらい前だったと思いますが、当時のリズムトレンドだったドラムン・ベースの曲(アルバム「アースリング」)を作った時には「さすがボウイ」と思いましたね(笑)。

    亡くなる直前に偶然とはいえ、ボウイに触れることが多かったのは『最後に俺を再認識しろ!』ということだと感じています。これでまた青春時代のミュージシャンの1人がいなくなりました。本当に残念です。ご冥福をお祈りします。
    | 音楽 | 10:54 | comments(2) | - | - | - |
    オーネット・コールマン
    0
      昨日、フリージャズのパイオニアであるサックス奏者のオーネット・コールマンが死去しました。享年85歳との事です。

      ファンと名乗れる程、オーネットを追っかけていた訳ではありません。彼の全盛期も当然ながらリアルタイムでは知りません。しかしリーダー作の多くを聴きました。特にプライムタイム名義のものは、先にバックミュージシャン(ジェームス・ブラッド・ウルマーやジャマラディーン・タクマなど)のユニット経由で興味が高まり気がつけばハマってましたね。また彼を通じてパット・メセニーとも出会えました。

      しかし未だに彼の音楽性を理解出来ていません。というかフリーに限らずジャズを熟知しているとも思っていません。でも好きなんですよね。またこの人のフリーフォームはジョン・コルトレーンとは違う、軽さというのか繊細というのか、とにかく堪らなくエエんです。テナーで叫びまくるコルトレーンはロックに例えればハードコア、アルトのオーネットはオルタナティブというかね(笑)。

      好きなアルバムはやはり「ダンシング・イン・ユア・ヘッド」ですね。もはやジャズの枠内には収まらない超名盤。

      そもそもオーネットに出会えたのは、私が10代の頃に活動していたジャンク・ノイズニックのユニットでvoiceだった友人の弟がきっかけでした。まだ高校生だった彼から、普通の高校生ではまず知らないあらゆるアンダーグラウンドミュージックを私に教えてくれました。そんな彼は20代初めにはもうフリージャズに目覚め、今もテナーを吹き続けているようです。

      私はフットボールサポーターに目覚め、音楽関連からはほぼ完全にドロップアウトしましたが、とはいえオーネットの訃報を知ったので、つい昔を思い出しながらこのレポートを書いています。あの頃は音楽一筋で楽しかったなあ。ってオーネットから外れてますね。

      ご冥福をお祈りいたします。
      | 音楽 | 21:58 | comments(0) | - | - | - |
      AKB48グループ 東京ドームコンサート
      0
        訳あって今日の夕方からタイトルのイベントに行ってきました。

        私には殆どわからない世界です。一言で言えばとにかくカラフル。そしてステージには150人ぐらいのアイドル達。一つのステージであれだけ大人数の演者が立つのを観たのは初めてです。

        好きなファンにとっては堪らないイベントなのでしょう。そしてエンターテイメントとしてはそれなりに工夫されたもので、この類いでは以前にサンガサポーター仲間に誘われて行ったパフュームの武道館公演以来の衝撃でした。パフュームとAKBを一緒にしたら怒ります?でもAKBの楽曲もかなりクオリティが高かったですよ。

        ちなみに私は本日の演者で認知しているタレントは3人だけでしたわ(笑)。やっぱりおっさんになのでしょうね。ありがたみもへったくれもありません。

        そして実は生まれて初めての東京ドーム。言えるのは音楽イベントで使うには音響的に厳しいハコなのは間違いありませんね。ストーンズのライブとかは大変だったでしょう。

        色んな意味でイイものを観させていただきました。
        | 音楽 | 00:09 | comments(0) | - | - | - |
        NICOTINE「SESSION 」
        0
          写真.jpg
          11月の終わりか12月初め頃だったと思うのですが、行きつけのTSUTAYAでレンタル落ちのDVDやCD、コミックスなどが格安で販売していました。

          若い頃の中古レコード屋に入り浸っていた時の血が騒ぎ、片っ端からCDを物色し、5枚程購入したうちの1枚がタイトルです。そう、サンガサポーターには異様に認知の高い(当たり前か)NICOTINEのどうやら8thぐらいのアルバムです。それも初回盤か何かでDVD付きの2枚組。

          ちなみにその他に買ったのはホール&オーツとフランク・ザッパのベスト盤、ジーザス・ジョーンズのリミックスベストとミニストリーの6thアルバム。全くもってジャンルバラバラです(笑)。

          NICOTINEはNDクルーの少なくとも2人がお気に入りだったメロディックハードコアのバンドで、ジャケットを見た時にNDで使っていたクーラーバックに本作品のステッカーが貼られていたのを思いだし、つい手に取りました。サンガサポーターの多くが好きな応援歌のメロディである「REMEMBER」や、旧アレモンの「ENJOY PUNK ROCK」、あと「BLACK FLY」もDVD側に収録されています。

          NDで遠征していた頃に何度か聴かさせて貰ったのですが、その当時はそこそこ演奏レベルの高いメロコアぐらいにしか思ってなくて、この手のジャンルではどちらかといえばハイスタの方が好みだったかも知れません。

          とはいえうちの応援歌メロディに採用されたアーティストですしせっかく買ったので、一通り聴いてみたらこれがなかなか音楽性も豊かな良作でした。彼等ってルーツにはいわゆるオルタナティブとかもあるようです。またウチナーメロディの曲なんかもありました。

          ドライブ中に何気なく聴いていたところ、驚いた事に息子が「ENJOY PUNK ROCK」のプロモに異様に反応を示しました。どうやら応援で歌っているメロディであるのも認識しているようで、アニメーション仕立てのプロモが彼の琴線に触れたようです。5歳児でメロコアに反応するなんてなかなかやると思いません?(親バカ)。そこからは何十回もベビーローテーションとなりました。さらには息子は鼻歌で歌いだし挙げ句はギターが欲しいとまで言われました(笑)。確かにこの曲は楽しいです。ライブならモッシュ必須ですかね。

          「REMEMBER」はプロモがお決まりのライブ仕立てで、「ENJOY〜」の方がプロモ含めてこのアーティストらしくて良いかも知れません。ちなみに「REMEMBER」のプロモでは客が全員でペットボトルの水を一斉に撒き散らすシーンが気持ち良いです。NDの楽しかった頃を思い出しましたよ(笑)。

          今年は少しメロコアを含めて改めてパンクを追っかけようかなぁ。でもやっぱり私にとってのパンクはThe Clashですね。
          | 音楽 | 23:28 | comments(2) | - | - | - |
          Lou Reed(ルー・リード)氏、逝去
          0
            月曜日の夕刊で知りました。長らく動向はおろか彼の作品自体に触れていなかったですが、訃報を知り少なからずショックを受けています。私は彼の影響を受けた第3〜4世代にあたると思っています。

            彼は生粋のニューヨーカーです。イングランドフリークな私ですが、彼を始めとする彼の影響を受けたであろうニューヨークのアーティストは好きなのが多いです。

            テレヴィジョンやトーキングヘッズ、ニューヨークドールズなどのニューヨーク・パンクは勿論、私の大好きなソニックユースなどはルーが活動をスタートさせた「ザ・ヴェルヴェット・アンダーグランド」を源流とした第3世代である「ポスト・ニューヨーク・パンク」なのだと勝手に思っています。オルタナティブとかで一括りにしないで欲しい。

            また私はビートルズやストーンズより、ルーやヴェルヴェッツから受けた影響の方がはるかに大きく聴いた回数も断然多い。世代的には後追いですが関係ありませんね。

            好きな作品はヴェルヴェッツならばセカンドの「ホワイトライト/ホワイトヒート」。断トツです。レコードが擦りきれるまで聴きました。ルーソロはあまり持っていないですがファーストからセカンドですかね。

            ルー。あなたの作品と出会えた事で私のミュージックライフが素晴らしいものになりました。本当にありがとう。ご冥福をお祈りいたします。
            | 音楽 | 08:17 | comments(0) | - | - | - |
            Can't take my eyes off you(君の瞳に恋してる)
            0
              タイトルは我々サンガサポーターの定番応援歌に使っているメロディの原曲名ですね。いちいち説明は要らないね。

              何と言いますか、先日、高倉健ドキュメントを見ていた時に、健さんが感銘を受けた作品に「ゴッドファーザー」と「ディアハンター」を挙げていたのです。共に名作中の名作として知られていますが、私はディアハンターは観てなかったです。しかし健さんが感銘を受けているのに私が知らないのがどうも気に食わないのでレンタルして観たわけですよ。

              そして作品の中で何度も合唱していた曲がこれだったのですが、字幕を見て改めてこの曲の歌詞に驚いたのですよ。究極のラブソングですよね、これって。かなり胸キュンになります。ハッキリ言ってこの歌ヤバいです。多くのアーティストがカバーするのが今さら理解できました。

              もしこの歌詞のようなテイストの映画やドラマ、マンガなどがあるならば多分私はイチコロですね。それは恋愛に限らず親子や仲間がテーマであっても。実際にそういう映画には随分ヤラれましたから(笑)。

              先日、アンセムの歌詞について触れました。応援歌レベルの直接的な感情表現はいかがなものかと書きました。しかし直接的かつ究極の愛情表現はこの曲の歌詞レベルになると話は違うのかも知れません。ただ先日発表されたアンセムの歌詞は残念ながらその域には達していません。

              難しいとは思いますが、歌いながらマジ泣けるような歌詞を誰か作って下さい。それともこの歌詞をパクったらどうでしょうか?(笑)

              あっ、いちいち歌詞まで転載しませんから、良く知らない方は検索して下さい。それとディアハンター、確かに素晴らしい映画でした。
              | 音楽 | 19:56 | comments(0) | - | - | - |
              今日のライブ
              0
                DSC_0648.jpg
                この3年ほどはスタジオでのリハーサルは一切無し、ある曲は12年ぶりの演奏、イベントの関係で本番前のリハーサル無しの超ぶっつけ本番ステージの割には楽しめたので書きます。そして出来も思っていたより良かったです。

                もちろん演奏スキルは現役時代からみんな相当低下していますし、キメやらなにやら段取りもめちゃくちゃになりましたが、ステージ上のモニターが非常によく音が締まってかなり演りやすかったです。

                今回のようなリハも無いイベントだとベースアンプ・スピーカーは持参しません。用意されたやつを使います。エフェクターもBOSSのベースリミッターのみ。ちなみにベースはフェンダーのジャズベースです。ジャパンですけど(笑)。とにかく面倒なセッティングは一切しませんね。

                今日はかなり汗をかきました。屋外でかつ20時のステージだったので気温もさほど高くなかったのですが、やはり多少は緊張したのでしょうかね。イベントなんで結構多くの人がステージを観ていますが冷やかしみたいなもんですからそういう意味での緊張はゼロだったと思うのですが。

                やっぱりライブをやるとまた演りたくなるもんです。久しぶりに関西のハコでやりたいです。

                そして楽器は日々のトレーニングが欠かせません(笑)。スタジオワークも重要ですね。

                明日は初めての野津田(もう今日ですね)。サポーターモードに戻して頑張ります。
                | 音楽 | 01:48 | comments(0) | - | - | - |
                明日は年に一度のライブ
                0
                  といっても千葉県某市の夏祭りのステージなのですけどね(笑)。色気もへったくれもありません。ただ地元に住むメンバーが2010年からエントリーしているようで幸いな事に出演もさせていただけてます。

                  ちなみにパートはBASSです。16歳から始めてキャリアだけは長いですが実力は高校生レベルのままです。ちっとも上手くありません。音感も鈍いです。リズム感は普通でしょう。活動していたバンドが特殊なジャンルが多かったのであまりテクニックを必要としなかったのは言い訳ですね(笑)。「楽器は日々のトレーニング」とかほざきながら実は自宅練習が大嫌いなのです(スタジオリハーサルは結構好き)。

                  話は逸れますが、ベーシストで好きなアーティストはエレキ限定になりますがやはりブーツィー・コリンズですね。ジャズ系ならばジャマラディーン・タクマかな?ロック系ならピーター・フックかジョン・テイラー。共に下手うま(笑)。日本人なら天才・細野晴臣。後、マニアックですが今沢カゲロウさんはヤバいです。

                  今回のライブは、実はサンガサポーターになる以前の1995年から2000年まで活動していたバンドです。2000年の始めに京都・磔磔でのライブを最後に解散状態。この時はもうサンガがあれば十分、バンドなんかもう興味ゼロとか言ってましたよ(笑)。

                  2008年に再結成とまではいきませんが、私の前のベーシストの方と同窓会的に再開したらしく、私は2009年2月の渋谷でのイベントにて9年ぶりに立たせて貰いました。それからは年1回ペースで私が参加しています。

                  今はぶっちゃけ楽しい反面、メンバーが関西と関東在住に真っ二つで当然スタジオリハーサルもしてないので、とても人に見せれるステージに出来ないのが不満です。お祭り・イベントで割りきってはいますが、やはりステージに立つ以上はねぇ〜。

                  これまで精力的に活動したバンドは今回のも合わせて3つあったのですが、先の2つ、特に1つ目はジャンク・ノイズニックと言われた日本だとボアダムス、海外だとスワンズや初期ソニックユース、バットホールサーファーズにインスパイアされたサウンド。2つ目はイングランドのネオ・サイケデリック系のサウンドでした。

                  今回のはベースはハードロック。私以外は概ねヘヴィーメタル出身です。サウンド的にも初期ブラックサバス的なもの、変わったのでは世良正則がボーカルだったツイストっぽいのもあります。

                  そしてボーカルが「キワモノ」です。そのキワモノぶりに興味がありジャンル的にはあまり共通点の無かった私が加入した経緯があります。後でかなり後悔しましたけど(笑)。

                  今回のリポート、ライブ告知なのかなんなのかハッキリしませんね。ハッキリさせなくないのでこれで良いのです。バンド名?当然教えられませんねぇ。

                  明日のステージについては、気分が良ければリポートさせていただきます。
                  | 音楽 | 20:06 | comments(0) | - | - | - |
                  ロックとフットボール
                  0
                    私は音楽が大好きです。あらゆるジャンルに好みがありますが、クラシック系は得意ではありません。近年は車の中でのリスニングが大半で好んで聴くのはジャズなのですが、ジャズネタは後日にしましょう。

                    さてタイトル通りに行きますが、「ロック」はスゴく広いし今回はフットボールと絡めるので、イングランドの好きなアーティストを中心に語ります。

                    ただ私の場合、アーティストではなくエリア単位で好みがハッキリしています。特にマンチェスターとリバプールにはかなりフェイバリットなアーティストが多いです。

                    著名なところの名前を挙げると「ジョイ・ディヴィジョン〜ニューオーダー」「スミス」「オエイシス」などのマンチェスター組、「エコー&ザ・バニーメン」「ペイル・ファウンテンズ」そしてやはり「ビートルズ」のリバプール組。ちなみにビートルズとオエイシスを除けば80年代のアーティストが多いのは私はそういう世代なのです(笑)。

                    彼らの中には、ユナイテッドやシティ、リバプールやエバートンのサポーターである事を公言しているメンバーも多くいます。みんな子供の頃から地元のチームを応援しているのです。

                    サポーターは応援歌を歌う事でチームや選手を鼓舞します。そのメロディには色々なジャンルのネタがありますが、当然ながらロックネタも少なくありません。それらのネタも何から何までもがイングランドではカルチャーとしてロックもフットボールも成熟していったのだと思います。共通点は歌です。ロックとフットボールは非常に密接なのです。

                    フットボールを身近に感じられる環境の中で、モリッシーやイアン・カーティス、ノエル・ギャラハー、イアン・マッカロク、そしてジョン・レノンは育ち、音楽に魅せられアーティストとなり、素晴らしい楽曲を我々に伝えてくれました。

                    そして彼らの音楽にはマンチェスターらしさ、リバプールらしさがあるのは、それぞれのサポーターにも共通するというと少し強引でしょうか(笑)?しかし私には無縁とは思えません。間違いないのはサポーターは地元のアーティストの楽曲を応援歌に積極的に使っている事。それはアーティストにしてもサポーターにしても贔屓のクラブで繋がっているいう事。つまりそれも「エンゲージメント」です。

                    残念ながら日本にはまだまだそこまでの成熟は感じられません。また無理に地元を意識しても滑稽な結果にしかなりません。だから今はサンガというフットボールクラブが京都人にとってどういう存在になるべきかを、幸いにしてサンガサポーターになれた我々が少しずつでも構わないので考えていくべきだと思います。そうする事で近い将来にシティを溺愛するノエル・ギャラハーのようなアーティストが、サンガサポーターとして現れるかも知れません。

                    音楽とは離れますが、アラン・シアラーがユナイテッドの誘いを蹴ってニューカッスルに移籍した直後の御披露目会で彼は「確かにイングランド史上最高額で移籍して来ましたが、私はニューカッスルの板金工の倅です。」とサポーターに言いました。集まった万を越えるサポーターは、彼が何を伝えたかったを理解し、同時に彼への忠誠を誓った事でしょう。

                    アーティストも同じだと思います。私は選手であれアーティストであれ、好きなフットボールクラブで繋がれるような関係をサンガで築ければ素晴らしいと思います。

                    明日はホーム開幕戦。サポーターとして活動してから初めてのホーム開幕不参戦になります。しかし私はそれでも誰よりもサンガを愛しています。そして参戦出来るサポーターを信じたいです。サンガを応援する事が京都人にとって誇りになるような応援をお願いします。
                    | 音楽 | 22:50 | comments(0) | - | - | - |