RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Josephリポート

京都サンガサポーター「ヨーゼフ」のブログ
6/22(水)天皇杯2回戦 v アスルクラロ沼津 西京極
0

    公式カップ戦でアンダーカテゴリーのクラブに負けたのは明治大学戦以来ですかね?


    結果は紫さんのブログで知りました。いつもならDAZN視聴後に公式を見てからファンサイトを拝見するのですがね。でも必ず最初に見るファンサイトは西京極紫ブログ。


    書かれていた内容通りなら、スタンドに立ったサポーターは辛いでしょうが、対戦相手もサードとはいえプロフットボールクラブ。大学に負けるよりはショックは少ないが、前回のブログで書いた内容に後悔しています。まだまだフットボールを分かっていない。


    しかし公式に書かれていた大黒くんのゲーム後コメントは、前回に私が書いた事を言ってくれたのが救いです。


    でもね。やっぱりカップ戦は常にタイトルを狙いたいですね。今シーズンの天皇杯は終了。引き続きリーグ戦を楽しみましょう!

    | 京都サンガ | 22:30 | comments(0) | - | - | - |
    6/18(日)v 湘南 BMWスタジアム
    0

      私なりの印象は、ファースト下位クラスのチームに、セカンド中位クラスのウチが善戦したゲーム。


      恐らく今シーズン対戦した相手の中でもダントツで運動量豊富、そして攻守の切り替えも早い湘南を相手に、スピード感に乏しいウチが、彼らのスピードに乗せられる形で、ココ最近にはない良い動きを見せてくれた。


      前半はウチがやや優勢、後半は相手。そして最後にヤられた。これはもう采配とか技術とかではないメンタル面の問題でしょ?今さら気にもしていません。すぐにどうなるもんでもないし。


      湘南は組織的な動きだけなら完全にファーストレベル。しかし動きが直線的と言うか、ウチの選手達の対応も疲れはするがさほど難しくも無かったのでは?彼らがファースト下位クラスだと言う理由は恐らく選手の質。しかし決して潤沢でない予算での体制下ではかなりクオリティの高いフットボールをやれていると思いました。


      布部フットボールは、今は優勝争いには加われるレベルではないが後退はしていないと思います。実はこの人、かなり能力高いかも知れないのでは?と思いだして来ています。


      しかしまだまだ工夫が無いと言うか、湘南を見てもっとスピードある動きが欲しいと思いました。しかし待ちに待ったセルの復帰で、今後に期待を感じさせるモノがありました。大黒くんもそう。彼はあの歳でもセカンドでならトップレベルの動きが出来る。


      岩崎くんが試合前コメントで「ツインタワーが対策されつつある」と言ってたそうだが、そりゃそうでしょうね。しかしウチは厚い選手層を武器に闘い方を柔軟に変えれる(変えて欲しい)チームだと思うので、次節は大黒・ケヴィンの2トップに、セル・吉野のセンタハーフの布陣にてスタートして見てはどうだろう?ウィングとDFラインは不動。ジョーカーは勿論、田中くん!


      次は天皇杯ですね。ミッドウィークでの開催。サードのクラブとの対戦ですので楽勝とはいかないかも知れませんが、良い流れを作って次のリーグ戦に入って欲しいです。

      | 京都サンガ | 10:11 | comments(0) | - | - | - |
      6/11(日)v 町田 西京極
      0

        昨日は茨城でベイの大会に参加。グレード4のショップ大会にも関わらず、参戦者は全国クラスが多くいる痺れる状況。6/24-25に幕張であるグレード1大型大会に向けて良い経験が出来ました。

         

        さて、そんな日中でしたので、ゲームは夜にDAZN視聴。紫さんが自身のブログで書かれていた通りですね。ゲーム後挨拶での田中くんとのやりとりに関する内容にも同感。その場にいたら激ギレしてますね。だから私は挨拶待ちももうしない。

         

        まあ色気は私も出ましたが、正直にウチはセカンド中位クラスの実力のままです。一部にファーストチックな選手がいますが、フットボールですから(笑)。

         

        来週のBMWも不参戦です。グレード1大会の前週なので最後の調整。参戦されるサポーターは引き続き頑張ってください。

        | 京都サンガ | 08:29 | comments(0) | - | - | - |
        6/5(月)v 熊本 えがお健康スタジアム
        0

          珍しい月曜ナイトゲーム。私は昨日は偶然にも福岡視察。熊本は決して遠くないが、家族での参戦をポリシーとしているので、ホテルにて携帯デバイスでDAZN視聴。


          KKウイング、ネーミングライツがいつの間にか代わっていますね。えがお健康スタジアムですか。カッコよさはともかく良いネーミングだと思います。


          ゲームについては、前半始めの相手時間帯で失点しなかったのは大きかったですね。相手にとっては悔やまれるシーンでしょうが、ああいうチャンスをしっかり決めれるチームこそが上位に行けるのは当たり前。


          それにしても昨日はサイドアタックとセットプレーが思うがままでしたね。正直に相手のディフェンスがあれでしたから上手く行った面もありますが、2点目なんかは見事な流れでした。


          そしてケヴィンは相変わらずカッコよい(笑)。ペナルティで左隅上を躊躇いなく蹴り込めるのは、キックに自信がある証拠だと思います。あれはキーパー取れませんからね。


          蛇足ですが、確かイングランドではペナルティは、グラウンダーなんかより上方に蹴り込む事がカッコ良いとか聞いた事があります。事実、私の大好きだったアラン・シアラーのペナルティはそうでした。彼がローヴァーズからの移籍交渉で、獲得意欲満々だったユナイテッドに出した条件が「背番号9」と「ペナルティキックの権利」。しかし当時のユナイテッドはキング・カントナが絶対的ペナルティ担当で一度も外した事がないのを理由に、ペナルティの条件をサー・アレックス・ファーガソンが飲めずに交渉が決裂。ニューカッスルに移籍した風な事をサー・アレックスが自伝で書いてました。


          ペナルティを獲った田中くんが蹴らなかったのは、チームの判断だとしたら当然でしょう(笑)。

          | 京都サンガ | 13:54 | comments(0) | - | - | - |
          某サンガサポーターのブログを見て
          0

            本日、以前にもこのリポートで触れさせていただいたことがある、某サンガサポーターさまのブログを拝見しました。


            このブログに直接コメントも考えましたが、この方とは面識もなく(筈)、書き込みにはID登録が必要なのもあり、我のブログにて少し触れさせていただきます。


            当該ブログは、以前からサンガに対しても、フットボールに対しても、とても熱く、かつマジメな記事を常にアップされておられます。以前に、書かれた内容に対して我ブログで小生意気な意見を書いたにも関わらず、丁寧なコメントをいただき大変恐縮したのを覚えております。


            今回の記事は、自分達サポーターについて深く考えておられ、その内容に私は賛同します。良い記事です。この内容を理解出来るようになるまで10年以上掛かりましたね。


            サポーターについて語ろうとすると私の場合キリがなくなるので(笑)、単純かつ簡単にまとめると、コアやライトやら度合いの違いはあれど、自分のフットボールクラブがサンガだと言い切れる人はみんな「サンガサポーター」だと思っています。


            各々がサンガを楽しめる何かがある限り、想いは不変でしょう。私自身、今シーズンはまだ1度もスタンドに立てていませんが、1998年に活動スタートした時からサンガに対する想いは全く変わっていません。


            当該ブログにて、またサポーターについて書かれることを期待しています。

            | 京都サンガ | 20:05 | comments(0) | - | - | - |
            5/27(土)v 岐阜 西京極
            0

              土曜日夜にDAZN視聴。

               

              まずは失点を無くす事ですね。スタメンについては特に何もありませんが1点だけ。

               

              ヨンジェに期待したいのは良くわかりますが、今シーズンのセカンド各クラブにとっては彼のようなフォワードはさほど恐さを感じていないかも知れませんね。

               

              まあ田中くんもフルではキツいでしょうから、ウチはまだ選手層が厚い方だと思うので、チャンスを与える上でもスタメンについては色々やって貰って良いと思います。

               

              でも今シーズンは新加入選手の多くが結果出してくれているのは間違いありません。これからの季節はキツいので、逆に楽しみです。

               

              最後に大木さん。相変わらずのポゼッションフットボール(笑)。福村選手は貫禄出てきたかな?プレースキックは確かに良いですかね。田森選手は・・・まあ頑張ってくださいかな。今回対戦したので彼らを認識しましたが、正直興味ありません(なら書くなって!)。

               

               

              | 京都サンガ | 12:19 | comments(0) | - | - | - |
              入り待ち
              0

                (たまにはヨーゼフブログらしい事を書いてみます)

                 

                何やら新潟の呂比須監督がサポーターを感激させるコメントをしたようです。スタジアム入りする際、選手はイヤホン・ヘッドホンを取って入り待ちのサポーターの声や応援歌に耳を傾けようではないかと。

                 

                新潟には良く視察に行ってるくせに、そもそも文丈さんから呂比須監督に変わっていることを知らなんだです(笑)。

                 

                ヘッドホンの話に戻すと、チームを鼓舞したいサポーターが入り待ちしているのを、選手スタッフにその気持ちを感じて欲しいと思うのは当然です。それに応えようとする呂比須監督の考えも素晴らしいのは認めます。

                 

                でも私は、ひねくれてると言われようが何であろうが、入り待ちそのものを否定はしませんが、前向き評価もしていません。特に毎試合のルーティンになっている場合ですね。

                 

                私の場合、毎試合同じような入り待ちをされている状況を選手がどう感じているかをどうしても考えてしまいます。要するに気持ちが高まる以上にだんだん新鮮味が無くなるのではないかなと。初めは良いんです。そしてお互いが気持ちが高まり良いゲームなれば言うことなし。

                 

                もし選手がサポーターへの感謝以上に、毎回対応する事への煩わしさを感じてしまっていたら、もしサポーターがチームへの熱い気持ち以上に、入り待ちが義務のようになってしまっていたらどう思いますか?

                 

                スタンドに立つまで、選手入場時まではお互い抜けるところがあった方が良いと思いますけどね。毎回は厳しいです。入り待ちしたければそれはサポーターの自由。しかし選手もヘッドホンして音楽聴く事が、リラックスや精神統一になるならそれで良いと思いますよ。それでゲームにて最高のパフォーマンスを示してくれた方が私も嬉しい。

                 

                私の理想の入り待ちは、スタンドでのイベント同様に(例えばコレオグラフィとか)、ココぞと言うゲームで、コアサポーターだけでなく、全サポーターに参加を事前に促し、西京極の正門からの沿道にサポーターで埋め尽くした状態でやること。強烈なインパクトが欲しいのです。そこで布部監督が「(バスの)窓を開けてサポーターに応えろ!)と言えば完璧。そうなれば選手もバスを降りる際にはヘッドホンも取るでしょ?(かな?)。

                 

                入り待ちを含め、毎試合、気持ちを持って応援しているサポーターには失礼な事を言ってるかも知れません。でも今一度、選手スタッフ側になって考えてみて貰えたら、もっと選手を鼓舞出来るアイデアが生まれ、もっとスタジアムに足を運ぶ事が楽しくなると思うのですが、如何でしょうか?

                 

                最後に、私は出待ちは積極賛成派です(ND時代は私は敢えて殆ど行かなかったですけどね。でも実は行きたかったんですよ)。負けた場合の対応は難しいですが、勝った時は本当に楽しめると思います。今でも2001年のアウェイ水戸戦後のサポーターラインダンス(?)と、特に2004年シーズン最終戦、アウェイ大宮での出待ち&残留懇願での平井ちゃんは忘れられません。

                 


                俺ら:平井!来シーズンも俺らと一緒に闘うやんな?そうやんな?

                 

                平井ちゃん:(無言でサムアップ)

                 

                他の選手が「クラブが決める事」としか答えない中で、自身も契約更改出来るかどうかもわからない中で「俺はずっとお前らと一緒に闘うから、来シーズンも俺の歌をしっかり歌ってな!頼むで!」と彼の心の言葉をしっかり受け取りました(妄想)。

                | フットボール | 13:26 | comments(0) | - | - | - |
                5/21(日)v 東京V 味の素スタジアム
                0

                  昨日は朝から夕方までベイブレードの大会参加で新宿西口にいました。昨年までなら昼に切り上げ、そのまま京王線に乗って味スタに向かっていたでしょう。


                  ゲームは夜にDAZNで観ました。やはりテレビモニターで観る方が良い。しかし結果はともかくフットボールとしては厳しい内容。ヴェルディが上位争いに加わっているのも良くわかりました。でも昨日にスタンドに立たれたサポーターは発狂モノだったでしょう。お疲れさまでした。私は参戦しなかったのを少し悔やみました。


                  ケヴィンには皆んなとっくに痺れているでしょうが、私はヒーローインタビューを聞いて完全にヤられました。カッコ良過ぎです。スピードはともかくテクニックが大したことないフットボーラーが股抜きでスペースに出してあのミドルが打てる訳ありません。秘めたる自信を感じます。確かに決して華麗さはないが、高さやハードワークだけでないバランスの取れたセンターフォワードだと思います。田中くんとも合ってますよね。相手からすれば前だけ見れば恐いツインタワーでしょう。


                  最後に。監督インタビューとかで、良く相手監督が「サンガは選手の能力が高い」とか言ってくれます。しかしそれは一方で選手能力を使いこなせてないチームと言われているのだと思うようにしています。確かに選手個々の能力はソコソコ高いとは思いますが、チーム自体はまだまだセカンド中位レベル。それでもまだ上位が狙えると思えるくらい、今シーズンのセカンドは混沌としています。

                   

                  引き続き頑張りましょう!私は夏休みには一度は西京極に行きたいと思っています。後は群馬か水戸かな?

                   

                  | 京都サンガ | 07:38 | comments(0) | - | - | - |
                  5/17(水)v 水戸 西京極
                  0

                    水戸戦、出張先のホテルで視聴しました。ホテルは伊丹空港近くだったので、関西には居たのですがね(笑)。まあ初めのチャンスをモノに出来なかったのが全てですかね。

                     

                    携帯デバイスでの視聴だったこともあり、今回のリポートはここまで。

                     

                    ミッドウィークにも関わらず参戦されたサポーターはお疲れさまでした。

                    | 京都サンガ | 19:32 | comments(0) | - | - | - |
                    5/13(土)v 山口 維新百年記念公園陸上競技場
                    0

                      ケヴィンと岩崎くん抜きでもそこそこのフットボールが出来ていたというのが率直な感想。セットプレーでヤられたのはさほど気にしていないが、後半から動きが厳しくなって押された事の方が問題かな?

                       

                      でももはやセカンドの中下位レベルに完全に成り下がった、クオリティの低いフットボール。

                       

                      田中くんのPK失敗や大黒くんやヨンジェの決めきれなかったのも、ウチがセカンドに相応しいレベルのチームである表れだと思いましょうね。

                       

                      まあアウェイで負けなかったのは良しとしています。しかしシステム変更以降の6試合の3引き分けで失った勝ち点6は正直に痛い。8割方優勝争いからは脱落したと思います。今期はプレーオフに入れたら儲けもん。その時は布部さんを褒めてあげても良いかも知れません。

                      | 京都サンガ | 20:26 | comments(0) | - | - | - |